閲覧数:2/

読み終える目安 約 11 分

部屋の暑さを抑えて快適に!リフォーム・リノベーションで暑さ対策を取り入れよう

近年の気温上昇がもたらす暑さは外だけではなく、屋内にも及びます。
一昔前よりも10℃も気温が上がってきている現在、部屋の暑さ対策も必要となってきています。
あまりの暑さに耐えきれず、リフォームやリノベーションを考えている人は多いことでしょう。
ここでは、住まいをもっと快適にするために部屋の暑さ対策についてご紹介していきます。
ぜひこの記事の情報を、自身のリノベーションに役立ててみてください。

1.部屋が暑くなる原因とは?

<記事6>②.jpg

部屋は間取りや構造によって温度変化や調節が難しくなることがあります。
特に鉄筋コンクリート構造の建物の場合、気密性が高く、空気の層が非常に少なくなっています。
そのため、コンクリート構造は熱伝導率が高く、気温が高くなっている場合、そのまま熱がこもり続け暑くなりやすい家になってしまうのです。
また、マンションのケースとなりますが、鉄筋コンクリート構造はワンフロアにいくつもの部屋となります。
その造りから窓が一方向にしか設置することができず、風の抜け道を作れず、さらに熱い空気が充満してしまうという環境になりやすいです。
さらに、高層階に住んでいる人は日光がより当たりやすい高さになるので、直射日光が部屋に中に当たることで外壁に熱が蓄積されていきます。
その熱量が増えてくると、どんどん部屋の内部にまで暑さが届くようになるので、高層階の場合は特に対策が求められます
戸建ての人も2階は1階よりも暑くなる傾向があります。
西日は日差しの中でも紫外線量が多く、日差しの強さは強力です。
西向きの部屋であると夕方の時帯でも暑さを感じやすく、日中蓄積された熱により夜になっても温度がなかなか下がらない状態になります。
また、築年数を重ねてきた木造住宅にも暑くなる原因が潜んでいます。
引っ越してきてエアコンを設置しようと思った時に、造りによってはエアコンが付けられない部屋もあるでしょう。
エアコンが設置できないのであると夏の暑さを快適にすることができず、苦しい思いをすることになります。
木造住宅に引っ越す場合には、事前にエアコンが付けられる家かどうかを確認しておきましょう。

2.暑さ対策その1・窓周りのリフォームで暑さをブロック!

夏のやっかいな暑さは窓のリフォームによって大きく変えられます。
窓のリフォームにはいくつかあり、間取りやスタイルなどの違いから自分に合ったリフォームを選ぶことができます。

内窓をつける

今設置してある窓の内側にもう一つ窓を付けるリフォームになります。
二重窓となり高い断熱性に加えて優れた防音効果を発揮してくれます。
今ある窓はそのままとなるので施工時間は60分と早く、窓の位置を変えることなく快適な室内にチェンジすることができます。

窓を交換する

今設置してある窓枠はそのままで窓だけを取り除きます。
何も入っていない状態の窓枠に断熱性の高い窓ガラスとフレームをはめ込む工事となっています。
こちらでも窓の位置を変えたり壁を壊したりすることがないので、簡単に施工でき約2時間~半日ほどで工事が終了します。

窓のガラスを替える

窓ガラスのみを替えるリフォームでは、窓枠や窓フレームはそのままでガラスを断熱性の高いものへと取り替えていきます。
お手軽なリフォームとなり施工時間は約30分~60分程度で終わります。

シャッターや雨戸を付ける

壁を壊すことなく現在ある窓に取り付けられるシャッターや雨戸には閉め切ったままでも採光や採風ができるタイプのものがあります。
日照状況によって快適な温度づくりができ、雨の日でも大きく活躍してくれます。
工事は半日~1日程かかるでしょう。

日よけシェードやルーバーを付ける

日よけシェードやルーバーは、上げ下げで簡単に日光をシャットダウンできたり、角度調整を行って、採光を少なくしたりできます。
すだれではれば、自分でも簡単に部屋へ設置でき、暑さ対策として十分な効果を発揮してくれます。

網戸を付ける・替える

窓によっては網戸がなく窓が開けられないという方もいるのではないでしょうか?
網戸を付けることにより通風性をアップさせ快適な空間にすることができます。
また、通風性の悪い網戸であっても交換することが可能であり、お手軽に空気の通り道を作ってあげられます。

3.暑さ対策その2・天窓の設置で2階も快適空間に

<記事6>③.jpg

天窓とは天井に取り付ける窓のことで、トップライトとも呼ばれています。
一見天井に窓があると多くの日光を取り入れてしまい、余計に暑くなるのではと考えてしまいがちでしょう。
しかし、日照日が少ない地域や日当たりの悪い場所では有効的で、開け閉めできるタイプのものを取り付ければ通風性を良くできます。
2階がある家の中でも特にロフトがある住宅では、夏場にロフトへ行った際に猛烈な暑さを感じた経験も多いはずでしょう。
そのような強烈な熱気は開閉タイプの天窓開閉しておくことで、部屋の温度上昇を緩和につながります。
また、天窓にも様々なタイプがあります。

天窓タイプ

天窓タイプは、天井が高い位置にあり緩やかな傾斜部分となっている天井に取り付けるタイプです。
自力での窓の開閉が難しくなっているので、電動式で開け閉めを行うものの設置が必要になります。

傾斜窓タイプ

屋根裏やロフトなどの、傾斜角度が急になっている部分に付けるタイプのものです。
天井と壁付近という手に届く範囲に取り付けることができため、自力での開閉が可能になり、設置しやすく使い勝手も広がります。

複層ガラスタイプ

天窓として取り付ける窓ガラスを複層ガラスにすることで、熱の移動を防ぐ窓になっています。
また外から入ってくる熱もカットしてくれるため、非常に効果的なリフォームになります。

ロールスクリーン付きタイプ

天窓にはロールスクリーンが一体となっているものもあります。
手動や電動でロールスクリーンの上げ下げができ、好みの量の日光を取り入れることが可能です。
暑い日は閉め切り、寒い日は上げておくなど天気や温度によって気温変化を起こしやすい天窓を、さらに使いやすくしてくれます。

天窓には一つだけ注意しなければいけないことがあります。
それは、設置する方角によっては不向きなケースがあることです。
南側の部屋に取り付けた場合、夏場に多くの日差しを取り込むことになってしまいます。
そのため、風通しを良くするどころか温度上昇につなげてしまい、かえって暑い部屋になってしまいます。
南向きだけど通風性を高めるために天窓が欲しいという方は、複層ガラスタイプやロールスクリーン付きタイプが最適です。

4.暑さ対策その3・屋根裏に換気扇を設置してみる

熱気がこもりやすい2階は、換気扇を屋根裏に取り付けることで快適性を向上できます。
屋根裏の真下にある部屋というのは、日中にため込んだ熱気により夜でも暑く感じやすい場所です。
屋根裏にはたくさんの熱気が溜まっており、屋根裏の熱を逃がさなくては真下の部屋の温度上昇にもつながるのです。
特に夏場になると50℃~70℃にも及ぶ熱が屋根裏に溜まっている状態なので、1階よりも2階が暑く感じてしまうでしょう。
これを熱気を取り除く方法が屋根裏に換気扇の設置です。
天井に換気扇を取り付け、屋根裏から熱気をきちんと放出されるように排気口を取り付けます。
こうすることで快適な空間へと変えることができ、家によっては2℃~5℃ほど温度を下げることが可能です。
また屋根裏の換気扇は木材に優しく、木材の寿命を縮めやすい屋根裏環境を改善にもなります。
劣化を小さくさせ家を長持ちさせられるのです。
他にも、結露ができにくいという特徴も持っており、長期優良物件では屋根裏に換気扇が付いているケースが多くなっています。

5.暑さ対策その4・風通しの良い間取りへリノベーション

<記事6>④.jpg

暑さを軽減する対策には間取りをリノベーションによって変えるという方法があります。
窓がたくさんあったとしても、風の通り道がなければ家全体を涼しくすることは難しいです。
入ってくる風の流れを遮らないように、間取りを変更できるリノベーションは部屋の暑さ対策として有効と言えます。
リノベーションのポイントは、余計な壁を取り取り除いて通風性を確保することです。
購入したマンションの場合、屋外に面する屋根や天井は共用部分となるので、入居者が勝手に改修することはできません。
例えば、窓の増設や移設などは許可を得ないと難しいでしょう。
マンションの場合は可能な範囲での改善となりますが、戸建ては管理の制限に捉われずリノベーションが可能です。
窓や扉の位置関係の改善やエアコンが効きやすいように気密性・耐熱性の強化などを自由に行えます。
通気性の確保は部屋の暑さ対策だけではなく、冬場の結露対策やカビ・ダニの予防にも効果的です。
そのため、アレルギー体質の方が快適に暮らせる住まいに改善できる点も通気性を意識したリノベーションのメリットと言えます。

6.まとめ

近年の高い気温によってもたらされる室内の暑さは、快適となる住まいを崩し始めています。
暑さのせいで息苦しさを感じるような家であってしまうのは、非常に勿体ないです。
リノベーションはリフォーム以上に自由度が高まる修繕工事であり、夏のやっかいな暑さも軽減できるものになっています。
壁面窓や天窓、換気扇の設置や変更により大いに暑さ対策や改善を行っていくことができます。
ただ、室内を快適にするためには間取りも非常に重要です。
風の流れを良くすることで非常に快適な家となり、高気密高断熱の家であっても暑いと感じられる家の温度減少効果をもたらしてくれます。
リノベーションは壁をなくすこともできるので、自分だけで工事を行うことは難しく施工会社にお願いしなければなりません。
専門的な知識を有しプロ目線で判断してくれる施工会社は、頼るべき存在と言えます。
自分の判断だけでは難しくても、今後の住まいのことを見越して適切なアドバイスを受けながら工事を進めてくれます。
少しでも住まいの暑さに不満を感じているようであれば、相談してみてはいかがでしょうか?
快適な暮らしを実現し、より良い住まいにできます。

おすすめ記事