fbpx
閲覧数:2/

読み終える目安 約 11 分

補助金・助成金制度が充実!和歌山県でリノベーションするメリットとお得な制度とは?

城下町で自然の多い和歌山県は、リノベーションによる地域活性化に力を入れている地域です。
リノベーションが活発に行われているため、費用の負担を減らす補助金・助成金の制度も整っている点が特徴となっています。
今回は、和歌山県でリノベーションするメリットや補助金の情報、意識すべきポイントなどについて解説しましょう。

1.和歌山県でリノベーションするメリット

和歌山県では、空き家を使ったリノベーション事業や水辺空間を活かしたまちづくりなどの政策に取り組んでいます。
その他にも、大阪府に近い「都会」でありながらゆったりとした時間が流れる「田舎」の情緒が融合した、暮らしやすい街「トカイナカ」への移住政策も活発です。
活用されていない空間や古くなった場所を使って新しい快適空間を創り出し、より多くの人々が暮らす豊かな街にしたいと考えているのです。
ここでは、和歌山県でリノベーションするメリットをご紹介していきましょう。

空き家のリノベーションが盛ん

少子高齢化や地方の過疎化によって全国的に空き家の割合が増えてきている中でも、関西圏の空き家率が上昇しています。
中でも、和歌山県では空き家数が約10万戸となっており、住宅全体の約5分の1が空き家ということになります。
さらに、空き家率で見ると約20%にもなり、全国で2位の空き家率となっているのです。
和歌山県では空き家数・空き家率を下げるべく、空き家を活用したリノベーションが盛んに行われています。
リノベーションが活発に行われているということは、それだけ多くの事例があり経験豊富な施工会社があるということなのです。
和歌山市ではリノベーションに関する知識を身に付ける「リノベーションスクール」も開催されており、質の高いリノベーション住宅の建築に力を注いでいます。

ライフスタイルに合わせたリノベーションが得意

街全体を暮らしやすい環境にするため、和歌山県では住宅以外の施設へのリノベーションも行われています。
例えば、子ども達が学習しやすい場所や子育てしやすい場所、健康づくりの場などをリノベーションによって創り出しています。
和歌山県では、様々な施設のリノベーションでも行っているように、ライフスタイルに合わせたリノベーションが得意です。
家族が増えて空間を広々と使いたい方や二世帯住宅にしたい方、古くなった住宅を新しく快適にしたい方など、多様なニーズに対応できます。
古くなった住宅でも、リノベーションで暮らしやすい快適空間に生まれ変われば、離れて暮らす家族もUターンして一緒に住みやすくなるでしょう。
様々な地方創世に取り組む和歌山県だからこそ、地域や移住してくる人々が暮らしやすい環境づくりに力を入れています。

2.わかやまリノベーションまちづくりとは?

空き家の多い和歌山県の中でも、和歌山市では「わかやまリノベーションまちづくり」に取り組んでいます。
わかやまリノベーションまちづくりは、和歌山市中心に多い空き家や空き駐車場、不動産などをリノベーションして街を活性化させる政策です。
ここでは、わかやまリノベーションまちづくりの特徴について解説します。

今あるものを最大限に活かす

前述したように、和歌山県では空き家が約10万戸あり空き家の増加が深刻な問題となっています。
和歌山市はかつて城下町として暮らし・教育・労働全てにおいて活気のある街として知られていました。
しかし、時代の流れによって豊かに暮らすための施設や雇用が減少し、活気が失われつつあるのです。
そこで、現在使われていない場所を活用して、教育の場や楽しい商業施設を創り活気を取り戻そうとしているのです。
駅・道路・空き家・空き駐車場など大きい土地から小さい土地まで、多くの土地を有効活用する政策に取り組んでいます。
街全体が新しく活気のある場所に生まれ変われる土地だからこそ、住宅のリノベーションがしやすく施工費用に対する補助制度も整えられているのです。

市民が中心となって取り組む政策

わかやまリノベーションまちづくりは市民によって策定されたものであり、リノベーション事業は地元の施工会社が中心となって進められています。
行政だけが地方創世に取り組むのは難しいため、市民や民間企業を主導として行政が必要なサポートを行う体制を取っているのです。
和歌山市では施工会社を「現代版家守(やもり)」と呼んでおり、民間自立型でスピーディな政策を進めています。
民間が中心となって進めているということは、実際に暮らしている方にしか分からない課題にも取り組みやすいです。
街に何が足りないのかを行政と家守、市民が一丸となって考えることによって、暮らす人々に寄り添ったまちづくりへとつながるでしょう。

3.助成金を使えばお得!

リノベーションが盛んで経験豊富だとしても、費用がかかりすぎていれば施工に踏み切れないという方も多いでしょう。
和歌山県では、費用の負担を軽減してリノベーションをしやすいように、助成金・補助金の給付を行っています。
では、和歌山県で制定されている助成金・補助金の給付制度について、リフォームの種類別に見てきましょう。

耐震に関するリフォーム

築年数の古い家をリフォームする場合には耐震性が低くなっており、耐震リフォームを行う必要があるケースも多いです。
和歌山県では、木造住宅において無料の耐震診断を実施し、木造以外の住宅には診断費用の3分の2に対して補助金を給付しています。
設計や工事に必要な費用に関しては、設計・工事費の3分の2に補助が出て、工事費の補助には加えて11.5%の費用が負担されます。
全て限度額が定められていますが、耐震性を高めて安全な住宅を作るために費用負担を軽減することで家の性能を高めやすくなるでしょう。
また、地震が発生して住宅が倒壊した場合でも寝室を守ってくれる、耐震シェルターの設置に対する補助金制度もあります。
耐震診断の結果が1.0未満の木造住宅において耐震シェルターを設置する場合、設置費用の3分の2に対して補助金が給付されます。

省エネに関するリフォーム

和歌山県の海南市、紀美野・湯浅町・広川町・有田川町では、省エネリフォームに補助金を給付しています。
住宅用太陽光発電設備を設置している住宅に対して補助金を給付し、地球に優しい住宅への支援を行っているのです。
補助金の金額は各市町村によって異なりますが、太陽光発電設備で電力を有効活用すればより暮らしやすい環境となるでしょう。

バリアフリーに関するリフォーム

二世帯住宅へ改装・増築する場合、家族みんながずっと暮らしやすいようにバリアフリーを取り入れたリフォームを考える方もいるでしょう。
和歌山県の市町村では、要支援・要介護認定を受けている高齢者が住居する世帯に対して、バリアフリーの助成金を給付しています。
要支援・要介護認定を受けている方がバリアフリーリフォームを行う場合、施工費用の約7~9割に対する助成金が給付されます。
重度の障害がある方への補助も行っており、街に暮らす全ての人々が快適に暮らせる環境づくりとして助成金制度を整えているのです。

リフォームに使用する素材に対する助成金

和歌山県には森林が多く、「紀州・木の国」と呼ばれ質の良い木材を生み出す林業地として知られています。
紀州材は強度が高く耐久性に優れており、綺麗な色合いや美しいツヤが特徴の家づくりに適した木材です。
リフォーム工事で紀州材を使用した場合、紀州材の使用量に応じた助成金が給付されます。
地元産の木材を使用したリフォームは、住宅の質を高めるだけでなく地域活性化にもつながっています。

4.和歌山県でのリノベーションで意識すべきポイントとは?

ここからは、和歌山県の気候に触れながらリノベーションをする時に意識すべきポイントについて解説していきます。

気密性を高める

和歌山県では、北部・南部それぞれで大きく気候が異なるという特徴を持っています。
和歌山市のある北部地方は1年を通して気候が安定傾向にあり、雨量も少ない地域です。
一方、南部地方は雨量が多い地域で、黒潮の流れにより台風の影響を受けやすい不安定な気候となっています。
台風の際は暴風雨が吹き荒れることもあり、家の中に雨が入ってこないように気密性を高める必要があります。
気密性を高めることは、夏涼しく冬暖かいという和歌山県の気候を活かすためにも重要なポイントです。
ただし、気密性が高い住宅は家の中に空気がこもりやすい性質を持っているため、雨量の多い時期に湿気が増えてしまう可能性もあります。
湿気が多いとカビや壁紙劣化の原因にもなるので、空気がこもらないよう換気システムにも配慮すると良いでしょう。

光の取り込み方に工夫を

和歌山県の一部地域では1年を通して日照時間が短い傾向にあるため、光の取り込み方に工夫すると明るい家になります。
より多くの日光を取り込むためには大きな窓を付けるのが効果的ですが、気密性に不安を感じる方もいるでしょう。
大きな窓でも気密性を高めるためには、二重窓や樹脂サッシなどで空気が逃げないようにすると効果的です。
また、最近では窓の形を自由に決められますが、光を多く取り込みたい時は縦長の窓がおすすめです。
縦長の窓から入る光が部屋の壁に反射することによって、部屋全体が明るく見えるという効果があるのです。
ただし、リノベーションの場合は動かせる壁が限られている場合もあり、窓の形が制限されることもあります。
その場合は真四角や長細い小さめの窓をいくつか並べて配置することで、光を取り込みやすくなります。

リノベーションによる地方創世や豊かなまちづくりに取り組む和歌山県は、質の高いリノベーション住宅を建てるのに適した地域であると言えます。
施工経験が豊富で工事費用に対する補助金・助成金制度も充実しているので、費用を抑えつつ暮らしやすい理想の住宅が実現できるでしょう。

おすすめ記事