fbpx
閲覧数:5/

読み終える目安 約 12 分

空き家対策を検討しているのであれば、リノベーションやリフォームがおすすめ!

少子高齢化に伴い、全国的に空き家問題が深刻化しています。
空き家が増えてしまうと、管理ができないまま廃墟と化してしまい、後々の対応も困難になってしまう可能性が高くなります。
そのような状況に危機感を感じる人が多くなったため、全国的に空き家対策としてリノベーションやリフォームをしていく動きが増えてきたのです。
今回は、空き家対策として有効なリフォームやリノベーションの基本や活用したい補助金制度、リノベーションやリフォームした空き家活用のメリットやデメリットについてご紹介していきましょう。

1.リノベーションを行えば空き家問題を解決へと導けるのか?

空き家問題を解決するためには、リフォームやリノベーションが有効だと言われています。
まずは、どうして空き家対策にリフォームやリノベーションが有効なのか解説していきましょう。

リノベーションで付加価値を付ければ魅力が高まる

リノベーションやリフォームは、既存の建造物に新しい付加価値を付けるために有効な方法です。
築年数が古くなってしまった空き家でもリノベーションやリフォームをすることによって、見違えるように生まれ変わります。
もしも、修繕する箇所があまりなく、原状回復をすれば活用できそうな物件であればリフォームで十分です。
しかし、より付加価値をつけたり、デザイン性を高めたりしたいのであれば、大規模な改修工事を行うリノベーションをおすすめします。
リノベーションやリフォームした空き家はシェアハウスなどの新しい居住空間として利用されたり、ゲストハウスなどの民泊として活用されたりするケースが多くなっています。
そのため、女性目線での改修も必要になっていくと考えられます。
既存の空き家にはなかった設備を整えることで、多くの人が利用しやすい空間になり、空き家対策にも効果を発揮してくれるでしょう。

空き家対策としてリノベーションやリフォームが有効な理由とは?

リノベーションやリフォームをすることで、前述したような付加価値を付けることができます。
また、これからの時代に高まると想定される重要にも対応できるようになります。
需要に対応できる物件へと生まれ変わることができれば、様々な用途に活用して時のニーズも必然的に高まっていくことでしょう。
さらに、売り出そうとした考えた場合でも、築年数が経過している空き家よりもリノベーションやリフォームをした綺麗な空き家の方が買い手も見つかりやすくなるというメリットがあります。

2.空き家対策としてリノベーションやリフォームを行う際に使える補助金制度

リノベーションやリフォームは、それなりに高額な費用が必要となります。
予算も限られているため、満足できるリノベーションやリフォームができない可能性もゼロではありません。
しかし、空き家対策として行うリノベーションやリフォームに活用できる補助金を知っていれば、費用を抑えて行える可能性も高くなります。

住宅ストック循環支援事業

住宅ストック循環支援事業は、平成28年度に新しくスタートした補助金制度です。
住宅ストック循環支援事業の補助対象となるのは、住宅のエコリフォーム、良質な既存住宅の購入、エコ住宅への建て替えの3つです。
空き家対策としてのリノベーションやリフォームは、住宅のエコリフォームに当てはまります。
この補助金制度の中で定められているエコリフォームを行い、リノベーションやリフォーム後の耐震性が確保されていれば、要件をクリアとなります。
住宅ストック循環支援事業における補助金の限度額は、1戸当たり30万円です。
耐震工事を併せて行う場合は、1戸当たり45万円が限度額となっています。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業は、使用するエネルギーと発電するエネルギーの量がほとんど同じネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の取得、もしくはネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)へのリノベーションやリフォームをする際に補助金を交付するものです。
断熱性能や設備に関する要件を満たし、太陽光発電システムなど再生可能エネルギーを活用した発電システムを導入するといった要件が定められています。
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業の補助金を受け取るためには、登録しているZEHビルダーが設計や建築、販売などを行わなければいけません。
補助金は一律75万円となっています。
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業の中で定められた蓄電システムを導入した場合は、補助金に加算されます。

地方自治体の補助金制度もある

空き家対策としてリノベーションやリフォームをする際は前述したような国の補助金制度を活用することができます。
その他にも、それぞれの地方自治体が用意している補助金制度の活用も可能です。
地方自治体が用意している補助金制度は、各自治体のホームページや広報誌などに掲載されています。
交付対象者や要件なども併せて掲載されているため、リノベーションやリフォームに関する補助金を交付してもらいたいと考えているのであれば、各自治体のホームページや広報誌などをこまめにチェックしてみることをおすすめします。
また、自治体によっては空き家バンクの登録者に対して補助金制度の紹介を行っているケースもあるため、空き家バンクへの登録も検討してみると良いでしょう。

3.リノベーションやリフォームした空き家活用のメリット・デメリット

リノベーションやリフォームした空き家は、様々な用途で活用されます。
私たちの身近にあるケースだと、空き家をリノベーションしたゲストハウスなどが増えているといったものが挙げられるでしょう。
ゲストハウス以外にも様々な使われ方をしているリノベーションやリフォームした空き家が、どのようなメリットやデメリットがあるのかご紹介していきます。

シェアハウスとして活用した場合

空き家対策としてシェアハウスへとリノベーションするケースも少なくありません。
空き家対策としてシェアハウスへのリノベーションやリフォームを検討しているのであれば、シェアハウスを専門で扱っているポータルサイトなどを活用した情報収集も大切です。
まずは、シェアハウスとして活用した場合にはどのようなメリットとデメリットがあるのか見ていきましょう。

・メリット
シェアハウスとして活用した場合のメリットは、通常のアパート経営よりも大きな家賃収入が期待できるという点です。
どうしてかというと、シェアハウスは1軒の住宅を何人かでシェアするからです。
例えば、1人当たり3万円の家賃で4人に住んでもらえれば、毎月12万円の収入を得られます。
空室リスクがかなり低いことも大きなメリットだと言えるでしょう。

・デメリット
デメリットには、多くの人が入居しているため、管理業務が煩雑になってしまう可能性が高いということが挙げられます。
リノベーションやリフォームをする際にシェアハウスとして活用することを想定しておけば、管理業務を軽減したり、入居者同士のトラブルを回避したりできるでしょう。
ただし、シェアハウスとして機能させるためには、それ相応の費用がかかってしまうことも念頭に置いておかなければいけません。
つまり、できるだけ費用を抑えたいと考えている人にとって、シェアハウスとしての活用は向いていないと言えます。

民泊として活用した場合

空き家になってしまった住宅でリノベーション・リフォームを行い、ゲストハウスなどの民泊にするケースも増えています。
ゲストハウスなどの民泊を経営するためには、2018年6月にスタートした住宅宿泊事業法を把握し、宿泊客が魅力的だと感じる空間を作り出す必要があります。
続いては、空き家のリノベーションやリフォームを行い、民泊として活用した場合のメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

・メリット
空き家を民泊として活用した場合のメリットには、民泊運営業務を行っている管理会社に物件を貸し出すことで管理が楽になるという点です。
ゲストハウスの中には個人のオーナーがいるケースが多くなっていますが、アメリカ発の「Airbnb」の場合は、管理会社に運営を委託できます。
東京オリンピックやパラリンピックに向けてインバウンドも増えているため、民泊としての活用はかなり有効だと言えるでしょう。

・デメリット
デメリットには、インバウンド需要の高まりに乗っかっているケースが多いため、オリンピックやパラリンピックの閉幕後の予測が立てられないというリスクが挙げられます。
完全に重要がなくなることはないとしても、今よりも需要縮小してしまう可能性は大いにあり得ます。
そのようなリスクも考慮しながら民泊へのリノベーションやリフォームを検討し、対策も併せて考えておくと良いでしょう。

4.まとめ

少子高齢化により地方都市の人口が減少傾向にある今、空き家問題はかなり深刻なものとなっています。
空き家対策をしなければいけないと考えている地方自治体では、空き家バンクを活用することで空き家の数を減らそうとしているのです。
空き家になっている物件は、築年数が経過しているケースが多いため、なかなか買い手が見つからないという現状もあり、空き家対策は順調に進んでいるとは言えない状況にあります。
しかし、リノベーションやリフォームを行うことによって、空き家問題を解決へと導ける可能性が高くなります。
リノベーションやリフォームは、既存の住宅に手を加えることで新しい設備などを取り入れ、外見も綺麗な状態へと変化させてくれます。
軽微な修繕をすれば買い手がつきそうな物件であれば、リフォームで原状回復できるようにしていくことをおすすめします。
軽微な修繕だけではなく大規模な改修工事が必要な場合はリノベーションになるので、リノベーションとリフォームの違いを知っておくことも空き家を有効活用するためには重要なポイントになるでしょう。

空き家対策としてリノベーションやリフォームを行う場合には、多額の費用がかかってしまいます。
ただし、住宅ストック循環支援事業やネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業などの要件をクリアした時に交付される補助金を活用すれば、費用を抑えたリノベーションやリフォームが実現できます。
それぞれの地方自治体が用意している補助金制度もあるので、そちらもぜひ確認してみてください。
補助金を上手く活用し、シェアハウスやゲストハウスなどのリノベーションできれば、空き家を有効活用できます。

おすすめ記事