閲覧数:3/

読み終える目安 約 11 分

玄関のリフォームやリノベーションで失敗しないためのポイントを知っておこう!

玄関は、私たちが暮らす家の顔となる部分です。
そのため、家を訪れた人の第一印象は玄関で決まると言っても過言ではありません。
また、私たちが毎日出入りする場所でもあるため、少しのミスも致命的な欠陥となってしまう可能性があります。
そこで今回は、玄関のリフォームやリノベーションで失敗しないために知っておきたいポイントをご紹介していきましょう。

1.玄関のリフォームやリノベーションを成功させるポイント

<記事8>②.jpg

玄関のリフォームやリノベーションで失敗しないためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。
まずは、どんなポイントを押さえておけば玄関のリフォームやリノベーションを成功させられるのかご紹介していきます。

リフォームやリノベーションが必要な範囲を見極める

玄関のリフォームやリノベーションと言っても、やれることは幅広いです。
玄関のドアを交換する、バリアフリー化する、壁紙を張り替える、玄関の収納を増やすなど玄関のリフォームやリノベーションには様々な工事が含まれます。
もちろん玄関周りで必要な工事をまとめて行うこともできますが、それでは費用も工期もかなりかかってしまうでしょう。
そのため、予算の範囲内でできるのはどのような工事なのか、どの工事でどのくらいの費用がかかるのかを把握しておくことが大切です。
具体的に玄関のどの部分をリフォームやリノベーションしたいのかはっきりさせておくことができれば、見積もりも詳細な内容が出しやすくなります。

目的を明確にする

玄関のリフォームやリノベーションを検討しているということは、何らかの目的があるはずです。
老朽化した部分の補修や交換をする、利便性を向上させるために収納などを取り付ける、家族の介護が必要になったためバリアフリーにしたいなど、目的は様々です。
その目的に合うリフォームができなければ、玄関のリフォームやリノベーションが成功したとは言えません。
どのような目的でリフォームをしたいのか打ち合わせの段階からしっかりとリフォーム業者に伝えることが重要でしょう。
そして、どのような素材を使い、どのような工事を行うのがベストなのか煮詰めていくことによって、理想的な玄関を手に入れられます。

見積もりを出す前に現地調査をしてもらう

玄関は、毎日出入りに使われる場所なので、経年劣化でかなり傷んでいる可能性もあります。
また、シロアリによる被害が出ている可能性もあるため、リフォーム業者から現地調査をしてもらう必要もあるのです。
もしも、経年劣化やシロアリの被害が大きければ、追加の工事で予算よりも費用がかかってしまうことも視野に入れなければいけません。
これらは現地調査をしてもらわなければどの程度の工事が必要になるか分からないため、見積もりを出す前に現地調査をしてもらい、見積もりにも反映してもらうように伝えましょう。
そうすることによって、どのくらいの費用が必要なのか把握することができ、予算オーバーになってしまうことを防げます。

玄関のリフォームやリノベーションで失敗しないためには、このようなポイントを知っておくことが重要になります。
どの程度リフォームすべきなのか、どんな目的でリフォームするのか、予算はどのくらいになるのかといったことは理想的な玄関を手に入れるためにも欠かせません。

2.玄関リフォームで失敗してしまったケースも…

<記事8>③.jpg

玄関のリフォームやリノベーションを行った事例は少なくないため、中には失敗してしまったというケースもあります。
続いては、失敗してしまった事例をご紹介しながら、同じような失敗をしないためにはどうすれば良いのか解説していきます。

玄関のドアだけデザインのバランスが悪くなってしまった

玄関のリフォームやリノベーションをする際に、玄関のドアを変更するケースも多くあります。
しかし、玄関のドアを選ぶ時に外壁などとのバランスが良くないものにしてしまうと、全体的なバランスが悪くなってしまいます。
和風な住宅なのにモダンな玄関ドアを付けてしまったことによって、玄関だけういた印象になったという失敗事例も実際にあるため、全体のバランスを意識してドア選びをしましょう。

汚れが目立ってしまう

玄関を清潔感のあるイメージにしようと白っぽい床にするケースもあります。
そうすることで全体的に明るい雰囲気になるためメリットが大きいように感じるでしょう。
しかし、白っぽい玄関にしてしまうと汚れが目立ちやすくなってしまうため、こまめに掃除をしなければいけなくなります。
清潔な状態を保つために苦労が必要になっても気にならないというのであれば問題はないかもしれませんが、毎日ピカピカに磨くことができないという人の場合は公開する可能性もあります。

リフォーム前よりも通気性が悪くなってしまった

最近の玄関ドアは、以前のものよりも気密性が高くなっています。
そのため、通気性を良くするための対策を取らなければ、湿気や臭いが玄関にこもってしまう可能性があります。
例えば、玄関ドアの内側に網戸を付けて空気の通り道を作ってあげるなどすれば、臭いなどがこもることがなくなるのでおすすめです。
もしも何も対策をしなければ、カビが発生する原因になってしまう可能性もあるため注意しましょう。

コンセントを付けなくて後悔

玄関にコンセントは必要ないと思うかもしれませんが、補助照明や脱臭機、防犯カメラなどの家電製品を設置することも多い場所です。
そのため、玄関にもコンセントは必須です。
玄関のリフォームやリノベーションで玄関にコンセントを設置しなかった人の多くは、掃除のしにくさなどから後悔してしまうケースが多くなっています。

玄関のリフォームやリノベーションで失敗してしまった事例にはこのようなものがあります。
同じような失敗をしないためにも、過去にどのような失敗事例があったのか把握しておくことが重要になるでしょう。

3.玄関のドアをリフォームする際の注意点

<記事8>④.jpg

玄関のドアをリフォームする際には、防犯性や通気性、採光性、断熱性などを考慮する必要があります。
2つ以上鍵が付いているドアや断熱性・気密性が高いドアを選ぶと安心感や快適さが高まります。
特に寒い地域にある住宅の場合、夏は暑いけれど冬はかなり冷え込んでしまう場合もあります。
そのため、断熱性の高さも重要なポイントになってくるでしょう。
また、採風窓付きに玄関ドアであれば、玄関のドアを閉めたままでも風の通り道を作れるのでおすすめです。
他にも、玄関のドアに採光窓がついているタイプを選べば、暗くなりがちな玄関が明るい雰囲気になるのでぜひ検討してみてください。
防犯性や通気性、採光性、断熱性などが優れている玄関ドアは、その分費用が高くなってしまうかもしれません。
しかし、安全性や快適性を維持して過ごしやすい空間へと変化させるのであれば、押さえておきたいポイントだと言えます。

4.玄関の内装をリフォームする際の注意点

玄関のリフォームやリノベーションをする際には、内装も変えていくでしょう。
玄関の内装をリフォームする場合にもいくつか押さえておきたいポイントがあります。
それは、壁紙の色や壁材の性能です。
壁紙の色は、それだけで玄関の印象を大幅に変えてしまうものです。
白系の壁紙は明るくて開放感がある印象になり、ダーク系の壁紙は落ち着きのあるシックな印象になります。
しかし、白系の壁紙は汚れが目立ってしまう、ダーク系の壁紙は玄関に入ると暗いという印象を与えてしまうというデメリットもあります。
玄関につながっている廊下とのバランスを考えながら壁紙の色を選ぶようにしましょう。
また、壁材の性能も重要です。
玄関は空気が滞ってしまいがちになるため、防臭や湿気をコントロールしてくれたりするような壁材にしてみましょう。
例えば珪藻土や調湿壁紙などを使用し、玄関に籠る湿気や臭い対策をできるような工夫もぜひ取り入れてみてください。

5.玄関の床をリフォームする際の注意点

玄関のリフォームやリノベーションをする際には、床も以前とは違うものに張り替えるでしょう。
その時にもいくつか押さえておきたいポイントがあります。
それは、滑りにくさ、掃除のしやすさ、吸水性です。
雨や雪の日は濡れたままの靴で玄関に入っていくため、つるつると滑る素材にしてしまうと玄関の中で転倒するリスクが高まります。
そのため、滑りにくい床材にすることは重要なポイントだと言えるのです。
また、玄関は土足で上がるため他の場所よりも汚れが目立ちやすくなります。
汚れてしまった玄関をさっと掃除できるように、できるだけ掃除が簡単にできる床材を選択するようにしましょう。
掃除をする時間があまり取れないという場合は特にどんどん玄関の汚れが目立つようになってしまうため、掃除のしやすさは重要です。
さらに、吸水性の高さも玄関の床材には必要なポイントとなってきます。
なぜかというと、雨や雪で濡れている靴で歩くと床に水分が付着するからです。
大理石やコンクリートなどの場合は、水分を吸収する時に汚れまで吸収してしまうためシミのようになり、見栄えが悪くなってしまいます。
そうならいためにも、吸水性の高い床材を選択する必要があるのです。
大理石やコンクリートなどにできてしまったシミは自力で原状復帰することも難しいので、見栄えが悪いままになってしまう可能性も高くなってしまうでしょう。

6.まとめ

私たちが暮らす家の顔となる玄関は経年劣化などを理由にリフォームするケースも多い分、リフォームやリノベーションで失敗してしまう可能性が高い場所でもあります。
しかし、せっかくお金をかけて綺麗にするのであれば失敗したくありません。
玄関のリフォームやリノベーションで失敗しないためには、今回紹介したポイントを知った上で始めることが重要になります。
どのような目的でリフォームするのか、どのような失敗事例があるのか、玄関のリフォームやリノベーションを検討する時に知っておきたい注意点を知っていれば、失敗のリスクは軽減するでしょう。
現在玄関のリフォームやリノベーションを検討している人は、今回紹介したポイントを踏まえた上で、理想的な玄関を作り出すリフォームをしてみてください。
ポイントを押さえていれば、満足度の高いリフォームやリノベーションができ、理想の玄関を手に入れられるでしょう。

おすすめ記事