fbpx
閲覧数:1/

読み終える目安 約 11 分

湿気対策はリフォームやリノベーションする際にも重要なポイントに!

室内の湿気は、季節によって不快に感じるか変わってきます。
梅雨の時期などはジメジメとした日が続くので、室内の湿気対策で悩んでいる人も多いでしょう。
湿気対策をしないと、カビなどが発生して体調不良を引き起こす原因になったり、住宅の寿命を縮めたりする可能性もあります。
そのため、湿気対策をしっかりと行うことが大切です。
湿気が原因となる困りごとにはどのようなものがあるのか、またすぐに実行できる湿気対策はあるのでしょうか?
今回は、湿気対策のリフォームやリノベーションをする際に知っておきたいポイントをご紹介していきます。

1.湿気が原因となる困りごととは?

湿気が室内に溜まってしまうと、色々なトラブルの原因になってしまいます。
まずは、湿気が原因となる困りごとにはどのようなものが挙げられるのか見ていきましょう。

カビが生える

湿気対策をしないまま、湿気を溜めこんでしまうと室内のいたるところにカビが発生してしまいます。
特に梅雨の時期から夏にかけては湿気が多いだけではなく温度も高くなるので、カビにとって最高の条件が揃ってしまうのです。
押入れの中に布団をいっぱいに詰め込んだり、ふすまを閉め切ったままにしたりしている場合は、カビが繁殖しやすくなってしまうので要注意です。
カビが発生すると見た目はもちろん不快ですが、カビの胞子を吸いこんでしまうと真菌症にかかってしまう可能性もあります。
ただ室内が汚く見えてしまう以上の問題が発生することを知っておかなければいけません。

窓や扉が結露する

空気は水分を含んでいますが、水分の量は温度によって変化します。
温度が低い時期は比較的水分量が減りますが、室内と外の温度差が激しい冬は室内の温度が高くて水分量が多くなるため、窓や扉が結露しやすいです。
また、梅雨の時期は空気中に含まれている水分量が多くなっているため、結露も起こりやすくなります。
窓際が結露するとカーテンやサッシにカビが生え、押入れが結露すると布団や壁にカビが生えてしまいます。
結露とカビは切り離せない関係になっているので、結露しないような対策をすることがカビ対策につながるのです。

梅雨の時期から夏にかけて害虫が活発になる

湿気が多くなりやすい梅雨の時期は、害虫も活発に活動します。
一戸建ての場合に注意すべき害虫は、ムカデやヤスデです。
外から室内に入り込んでしまうため、玄関先などに落ち葉や廃材などを放置しないようにしましょう。
また、気密性が高くて湿気がこもりやすい集合住宅などの場合は、ダニやチャタテムシが発生しやすくなっています。
ダニは、湿度と温度が高い時期に多く発生しますが、布団をなかなか干すことができない冬にも発生するので、1年を通して注意しなければいけない害虫です。
チャタテムシはカビを食べる虫なので、室内にカビが発生しやすい環境だと現れやすくなります。

今すぐできる湿気対策にはどのような方法が?

湿気はすぐになくせるものではありません。
しかし、いますぐにできる湿気対策もあるので、湿気対策で悩んでいるのであればぜひ実践してみてください。
では、どのような湿気対策があるのか見ていきましょう。

シンクの下にある扉などを開ける

キッチンにある収納は、住宅の中でも湿気が溜まりやすい場所です。
キッチンでは水や火を使うため、湿度や温度の変化が激しいからです。
特に、シンク下の収納は湿気がこもりやすい場所となっています。
なぜかというと、シンクではお湯を使うため排水パイプを通じて熱が伝わり、温度と湿度が上がってしまうためです。
シンク下にお米をしまっているケースもありますが、それは良くない収納方法なので改めるようにしましょう。
カビが発生する条件が整っているシンク下に食料品をしまっておくと、食料品自体がダメになる可能性があります。
シンク下の湿気をできるだけなくすためには、1ヶ月に1度ほど扉を開けて喚起するようにしてください。
その時に、収納してあるものを全て取り出し、不要なものは入れて置かないようにすることも湿気を溜めにくくするポイントです。

家の中に空気の通り道を作る

湿気が室内にこもりカビなどが発生するのは、空気が流れていないからです。
できるだけ換気をするように意識するとカビは生えにくくなります。
クローゼットや押し入れの中も空気が流れずに湿気がこもってしまうので、収納時にすのこを使うなど工夫をしてみると良いでしょう。
あまり空気が流れにくい構造になっている場合は、サーキュレーターや扇風機などを使えば、空気を循環させられます。

服はさぼしてからタンスやクローゼットに仕舞う

「さぼす」という言葉を聞いたことがある人はどのくらいいるでしょうか?
「さぼす」は、服などを風にさらして乾かすことを意味しています。
外出先から帰宅して、上着をすぐにクローゼットに仕舞う人は多いはずです。
しかし、脱いだばかりの服は湿気を帯びていて温かくなっているので、すぐにしまわない方が良いです。
1度風通しの良い場所にかけて、さぼしてからクローゼットに仕舞うようにしましょう。
クローゼットは閉め切ったままになっていることが多いため、湿気が溜まりやすくなっています。
湿気はカビの原因になるので、大切な服を台無しにしてしまう可能性があります。
そうなることを防ぐためにも、天気がいい日はクローゼットの扉を開けるようにしたり、除湿剤を入れたりして、湿気対策を行うようにしましょう。

湿っている服はしまわない

服や布団などをしまっているクローゼットや押し入れは、住宅の中でも湿気がこもりやすく、湿気が逃げにくい場所となっています。
布団で寝ている場合、基本的に毎日布団を押し入れに仕舞う人がほとんどでしょう。
布団は寝ている間に出た汗を含んでいるため、そのまま仕舞うと湿気を生み出すことになります。
ふすまを閉め切ってしまえば、布団から出た湿気は押入れの内部に充満してしまいます。
押し入れやクローゼットの中に湿気を充満させないためには、布団を定期的に干すと良いでしょう。
また、湿り気がある服をクローゼットに仕舞う場合も同じようなことが起きやすいので要注意です。

2.湿気対策をしてもこもってしまうならリフォームやリノベーションを検討してみよう

ここまででご紹介した湿気対策を取り入れることで、多くの場合は改善できます。
しかし、構造などによってはどうしても湿気がこもりやすくて、対策が意味をなさないというケースもあるでしょう。
そのような場合は、リフォームやリノベーションの検討をおすすめします。

リフォームでできる床下の湿気対策

家の中にこもる湿気は、床下にも良くない影響を与えます。
まずは、リフォームやリノベーションによってできる床下の湿気対策からご紹介しましょう。

・床下換気扇を設置する
床下換気扇は、床下に溜まっている湿気を強制的に外へと出し、空気を循環させてくれます。
広い床下全体の湿気を効率よく取り除けるというメリットがあります。
しかし、隅には風が当たりにくいので、隅に湿気が溜まりやすくなる点に注意しなければいけません。

・湿気防止シートを設置する
湿気防止シートは、地面から上がってくる湿気を防ぐために設置されます。
湿気を均一に防いでくれるという点はメリットとなっています。
しかし、床下全体に施工しなければいけないので、面積が広いと費用がかなりかかってしまう可能性があるのです。

・床下調湿材を床下に敷く
床下調湿材は、ゼオライトやセピオライト、石炭などが使われます。
床下に敷くだけで湿度を調節してくれます。
湿度が高い時には吸収し、乾燥している時には水分を放出してくれるのです。
半永久的に兆室効果が期待できるという魅力的なメリットがありますが、床下全体に敷こうとすると費用が高額になってしまうことがデメリットです。

室内の湿気対策にはどのようなリフォームやリノベーションが有効?

普段生活しているスペースに湿気がこもると不快感が生まれてしまうため、室内の湿気対策としてリフォームやリノベーションを行うケースもあります。
続いては、室内の湿気対策として有効なリフォームやリノベーションとはどのようなものかご紹介しましょう。

・浴室乾燥機を増設する
浴室乾燥機は、カビが生えやすい浴室の湿気対策に有効です。
またそれだけではなく、室内干しをする際にも快適に過ごせるようになります。
洗濯物を室内干しにすると湿気が発生してカビや結露の原因になってしまいますが、浴室乾燥機を増設して浴室に洗濯物を干せるようになれば問題解決へとつながります。
浴室乾燥機の設置費用は、グレードによって変わってきますが10万円~40万円が相場です。

・内窓を設置したり、断熱工事を行ったりする
窓や天井、壁などの結露がひどい場合は、断熱対策が有効です。
内窓を設置して二重窓にするためのリフォームを行ったり、壁や天井の内側に断熱材を入れるリフォームを行ったりすれば、結露しにくくなります。
断熱材や建材の中には、結露防止機能が備わっているものもあります。
リフォームやリノベーションをする際に結露対策をしたいことも伝えれば、最適な断熱材や建材を提案してくれるでしょう。
内窓を設置するリフォームは、1ヶ所あたり8万円~15万円が相場です。
断熱材を入れるリフォームは、1㎡あたり4,000円~3万円が相場となります。

3.まとめ

日本は湿気が比較的多い国なので、湿気対策をしっかりと行う必要があります。
湿気対策を怠ってしまうと、カビなどの影響で体調不良を引き起こす危険性も高まります。
そのため、今回の記事でご紹介した今すぐにできる湿気対策を実践するなどの工夫が必要になるのです。
適切な湿気対策を行えば、室内の湿気はさほど気にならなくなるでしょう。
しかし、構造などによっては今すぐにできる湿気対策を実践するだけでは、あまり改善が見込めない場合があります。
そのような時には、リフォームやリノベーションを検討してみましょう。
湿気がこもって土台に影響を与えてる床下の湿気対策なら床下調湿材を敷いたり、床下換気扇を設置したりといったリフォームやリノベーションが有効です。
室内の湿気対策には、内窓の設置や断熱工事、浴室乾燥機の設置が有効だと言うことを覚えておくと良いでしょう。

おすすめ記事