閲覧数:3/

読み終える目安 約 11 分

戸建てをフルリノベーションするメリットと注意すべきポイント

近年、住宅のつくりや雰囲気を変えたいと思った時に、新築住宅ではなく中古住宅やマンションを購入してリノベーションする方が増えています。
中でも住宅の中をガラッと変えるフルリノベーションが注目されていますが、どのようなメリットがあるのでしょうか?
そこで今回は、戸建てをフルリノベーションしたい時に知っておきたい、メリットと注意するポイントについてご紹介していきましょう。

1.フルリノベーションの特徴

<記事15>②.jpg

フルリノベーションは住宅全体をリノベーションするものですが、全体とはどの程度を指すのか分からない方もいるでしょう。
リノベーションの工事にはS・M・Lの3種類があり、SとMがリノベーションに分類されます。
Sの工事はお風呂やトイレの設備だけを交換するもので、Mの工事は1部屋の雰囲気を変えるだけの部分的なリノベーションです。
Lの工事では、住む人数が変わって二世帯住宅にしたり間取りを大幅に変更したりするものとなり、Lサイズをフルリノベーションと呼びます。
骨組み以外を全て変える「スケルトンリフォーム」もフルリノベーションであり、住宅の形を残しつつ間取りを大きく変える点が最大の特徴と言えるでしょう。
スケルトンリフォームであれば間取りや内装だけでなく外装もガラッと変わるので、全く違うイメージの住宅に作り替えることができます。
リフォームもフルリノベーションと似ていますが、リフォームは補修をして元の綺麗な状態に戻すことが目的です。
フルリノベーションは住宅を作り替えて、新しい暮らし方の場所を作り出すものになります。
既存の住宅に手を加える部分は同じですが、フルリノベーションは新しい用途に合った空間を作るのです。

2.中古戸建てをフルリノベーションするメリット

<記事15>③.jpg

住宅の雰囲気を大きく変えるフルリノベーションですが、新築ではなくフルリノベーションを選択するメリットはどのような点にあるのでしょうか?
続いて、中古戸建てをフルリノベーションするメリットについてご紹介します。

間取りが自由に決められる

中古住宅の場合、新築の注文住宅と違い最初から自分の好きな間取りに決めることはできません。
間取りを気に入っていれば良いですが、家族のライフスタイルに合わせて考えると不十分だと感じることもあるでしょう。
長く住み続けることを前提とするならば、快適に過ごせる空間づくりは重要なポイントです。
フルリノベーションをすれば、大幅に間取りを変更して家族全員が過ごしやすい空間を作れます。
間取りと合わせて好きなデザインも選べるので、注文住宅でなくても理想的な住宅を実現できるでしょう。

好立地の住宅を選べる

中古戸建ての場合好立地の住宅を選べる点もメリットであり、空いている理想の土地を探す手間が省けます。
新築を建てる時は良い土地が埋まってしまっていて、好立地の場所に建てられない場合もあるでしょう。
人気エリアの分譲地は抽選になる場合もあり、必ずしも希望の土地を購入できるわけではありません。
さらに、好立地の土地を見つけたとしても、住宅を建てる条件や土地の広さが合わないこともあるので、新築の土地探しは時間と費用がかかります。
しかし、理想の土地にある中古戸建てを購入することができれば、新築では選べなかった好立地を選択できるのです。

低コストで建てられる

家の間取りを変えようと思った時に、フルリノベーションと建て替えではどちらが費用を抑えられるか悩む方も多いです。
建て替えは骨組みも全て取り壊して1から基礎を作りますが、フルリノベーションの場合は骨組みを残します。
基礎はそのままで外壁や内装、間取りだけを変えていくため、少ない費用で建てることが可能です。
残した基礎の中でも劣化した部分や補修が必要な部分は補強し、より長く暮らせる住まいの基礎づくりをします。

資産価値が下がりにくい

住宅は住み始めた時から資産の価値が下がっていくものであり、家によって下がり方が変わります。
新築は資産価値の低下が早く、元から価値の高くない中古戸建ての場合はゆるやかに低下していきます。
将来的に中古戸建てを売却しようとした時に資産価値が比較的安定しているので、値下がりの心配はないでしょう。
また、築年数が長い中古住宅ほど価格が安くなるので、安い中古住宅を購入してフルリノベーションすれば、建物の費用はほぼかからずに新築同然の住宅ができます。

3.フルリノベーションの流れ

大きく住宅の中を変えるフルリノベーションは、大がかりな工事が必要となるため余裕を持った計画が大切です。
フルリノベーションの流れについても理解しておきましょう。

物件とリノベーション会社を選ぶ

始めに取り組んでおきたいのが、好立地の物件と信頼できるリノベーション会社を選ぶことです。
インターネットで物件情報を検索し、条件に合った物件が見つかったら運営する不動産会社へ内覧の希望を出しましょう。
良いと思って選んだ物件でも、希望に合わない部分があったり既に埋まっていたりする場合もあるので、何件かピックアップしておくと効率が良いです。
選ぶ時のポイントとしては、自分がどのようなことを重視するのか、条件やこだわりを書き出して整理すると分かりやすいです。
築年数や建物の性能も重要で、築年数が古い住宅の場合は建物の性能が低く、基礎工事に多くの費用がかかる場合もあります。
リノベーション会社の選び方は、インターネットの口コミを参考にしながら信頼できる会社を探します。
会社によっては相談会を行っている場合もあるので、何社か比較して検討すると良いでしょう。

リフォームローンの審査

中古戸建ての購入には住宅ローン、フルリノベーションにはリフォームローンが適用になります。
しかし、リフォームローンは住宅ローンと比べて借りられる金額が少なく、返済期間も10~15年程度です。
住宅ローンとリフォームローンを同時に借りるとなると、1ヶ月あたりの返済費用が多くなり家計が苦しくなってしまいます。
そこでおすすめしたいのが、住宅ローンとリフォームローンをまとめて返済する商品です。
ただし、同時返済の住宅ローンを組むためには、審査の段階で「リフォーム見積書」が必要になります。
さらに、申し込みの際には「工事請負契約書」も必要となる場合があるため、この時点でリノベーション会社を決めておかなければなりません。
早めにリノベーション会社を決めておけば、住宅ローンの審査時に焦ることなくスムーズに申し込めるでしょう。

売買契約をする

住宅ローンの審査が通ると、次は中古戸建てを購入する契約に移りますが、契約前に購入申し込みができます。
購入申し込みとは正式に契約するまで仮予約しておくものであり、いつでもキャンセルが可能です。
中古戸建てでコストが抑えられていたとしても、通常の買い物と比べて大きな金額のかかる買い物となります。
家族全員が納得していればすぐに売買契約をしてもいいですが、後悔しないようにじっくり検討しましょう。
正式に契約となった場合には、契約書類をしっかり理解することが重要ですが、難しい部分は専門家に聞いておくのがおすすめです。
曖昧な所や分からない部分をそのままにするとトラブルの原因にもなるので、契約内容を自分で把握できるようにしましょう。

着工してからの動き

契約が完了したら着工になりますが、フルリノベーションの工事スケジュールを確認し仮住まいを探します。
フルリノベーションは2~4ヶ月かかる場合もあり、大掛かりな工事となるので工事期間中は住むことができません。
完成するまでは仮住まいで生活することになりますが、新居への引っ越しに向けて準備を進めましょう。
早めに引っ越し会社を手配しておけば、完成した時にスムーズな転居ができます。

4.フルリノベーションに掛かる費用はどれくらい?

<記事15>④.jpg

低コストはフルリノベーションにおけるメリットの1つですが、実際はどのくらいの費用が必要なのでしょうか?
間取りや工事の規模、基礎補修の有無などによって費用は様々ですが、工事費用に加えてデザイン費用や諸費用などが必要となります。
骨組以外を変えるスケルトンリフォームの場合は、約600~900万円が相場とされています。
基礎構造やデザインにこだわった場合は、さらに100~200万円が上乗せになると考えた方が良いでしょう。
中古戸建てでのフルリノベーションの場合、中古戸建ての住宅費用もかかりますが、中古だからといって必ず安い訳ではありません。
土地も一緒に購入する新築と比べれば割安ですが、好立地や性能の良い住宅は高い場合もあります。
さらに、仮住まい期間の家賃も一緒に予算として考えておくと、予算が足りなくなる心配もないでしょう。

5.注意すべきポイントとは?

フルリノベーションする中古戸建ての物件を選ぶ時に、注意しておきたいポイントがいくつかあります。
まず、住宅の構造によって、フルリノベーションで自由に間取りが変えられる住宅とそうでない住宅があるので確認が必要です。
日本の住宅で多く見られる「木造軸組工法」で造られた物件であれば問題ありませんが、「2×4工法」や「プレハブ工法」は間取り変更が難しいです。
物件探しの段階で、不動産会社に住宅構造についての確認を取っておくと安心でしょう。
また、土地の面積によって建てられる建物の大きさが決まっているので、リノベーションと同時に増築を考えている方は注意しましょう。
その他にも建築に関する条件が定められている場合は、日当たり・風通し・防火などに制限がかかり好きな間取りにできないこともあります。
リノベーション会社に間取りの希望を相談して、条件を満たした上で理想の住宅ができるかどうか早めに確認しましょう。

6.まとめ

ここまで、フルリノベーションのメリットや流れ、注意するポイントなどについて解説してきました。
中古戸建てのフルリノベーションは、間取りの自由度が高く、好立地・低コストなどのメリットがあります。
ただし、中古戸建ての構造によってはフルリノベーションに向かない住宅もあるので、リノベーション会社に相談して検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめ記事