fbpx
閲覧数:2/

読み終える目安 約 11 分

快適性以外も重要!子供部屋のリフォームやリノベーションのポイントとは?

子供が成長してきた段階で、今ある部屋をリフォームやリノベーションをして子供部屋を作りたいと考えている人はいるでしょう。
せっかくであれば、他の部屋とは雰囲気の違った可愛らしい部屋にしたい、成長に合わせた子供部屋にしたいなどと、人によって理想にも違いはあります。
そこで、子供部屋のリフォームやリノベーションで押さえるべきポイントやアイデアをご紹介していきます。
子供に合った部屋をリフォーム・リノベーションしたい人は、ぜひ参考にしてください。

1.子供部屋のリフォームの特徴

子供部屋をリフォームする際には、年齢によって必要な設備が異なることを理解しておきましょう。
未就学時や小学校低学年であれば、1人部屋はいらない場合が多いです。
親の目の届く範囲でいることが望ましいため、子供部屋は作らずにリビング周辺で子供用のスペースを確保するだけでも良いでしょう。
しかし、子供が高学年になれば勉強する時間も多くなり、プライバシーも保つ必要があるため1人になれるスペースを確保する必要が出てきます。
一般的には、2階に子供部屋を設置する家庭が多いですが、2階に広い部屋があるのであれば、リフォームやリノベーションによって間仕切りをして部屋を分けることも可能です。
成長に合わせたリフォームで、子供も快適に暮らせる工夫をしていきましょう。

2.子供部屋のリフォームでのポイントとは?

柔軟性を持たせた子供部屋にリフォームするためにも、いくつかのポイントに注意してリフォームを検討していきましょう。

収納のポイント

子供部屋にも収納は必要です。
子供が成長するにつれて荷物も増えていきます。
子供が小さい場合には、それほど広い収納スペースは必要ありませんが、中学生や高校生と成長していくことで、洋服や勉強道具、趣味の用品など、様々なアイテムが増えていきます。
部屋に余裕があれば広めの収納を確保しておきましょう。
細かく分類できるように可動式の収納はおすすめです。

子供部屋を孤立させない

子供部屋は孤立した状態であれば、子供の様子が確認できないデメリットがあります。
家族の会話が減ってしまう要因にもなるので、子供の様子が見られるようリフォームをすることが大切です。
例えば、子供部屋の扉にガラスを入れて中の様子が分かるようにします。
また、間取りを変えてリビングを通らないと2階に行くことができない仕組みをリノベーションで作ることも有効です。
子供が帰宅した時には必ず顔を合わせることになるので、子供の変化に気付きやすいです。

電球選びのポイント

子供部屋のリフォームでは電球も慎重に選びましょう。
1つ目のポイントは「明るさ」です。
子供部屋では勉強をしたり、遊んだりしますが、場所は子供によって様々です。
部屋全体が明るくなる電球を選ぶようにしましょう。
2つ目は「色」です。
子供部屋では勉強もします。
昼光色の電球は集中力を高める作用もあるのでおすすめです。

寝室としての役割を持つことも忘れずに

子供が小さいうちは親と一緒に寝ることも多いでしょうが、ある程度成長していくと子供1人で寝るようになります。
明るさも大切ですが、体を休めるためには暗さがあることも重要です。
子供部屋の方角を考えるだけではなく、遮光対策も怠らないよう気を付けましょう。

家族との生活を第一に考える

子供部屋をリフォームする際に、子供の快適性を考える親御さんも多いです。
しかし、居住性を意識したリフォームでは親子のコミュニケーションが減ってしまう可能性があります。
広さのある部屋は遊ぶスペースが多く子供が快適に過ごせるでしょうが、子供部屋が快適過ぎるとリビングで過ごす時間が少なくなってしまいます。
近年では、わざと子供部屋を狭くしてリビングで過ごせるよう工夫した家づくりも行われているため、参考にするのも良いでしょう。
狭い部屋だとしても、勉強や寝るスペースがあれば過ごすことは可能です。
親子でのコミュニケーションをなくさないことがリフォームでは大切となるでしょう。

壁紙を工夫した子供部屋

子供部屋をリフォームで作る際に、海外ドラマや雑誌で見るような可愛らしい壁紙に変更したいと考える人は多いです。
壁紙を変えるだけでも一気に子供らしい雰囲気となるのでおすすめですが、注意する点もあります。
それは、「子供の成長」です。
子供は成長によって好みに違いが表れます。
子供のころはファンシーで可愛らしい柄が好きでも、成長するとシンプルな柄が好きになることもあるのです。
好みの変化によってリフォームできるのであれば問題ありませんが、予算の都合でリフォームできない家庭は多いでしょう。
長く使える壁紙を選ぶことが最も大切となります。
どうしても可愛らしい壁紙を使いたい場合には、アクセントとして壁の一部分に使うなど、工夫すると成長した段階でも問題ないでしょう。

3.子供部屋のリフォームに掛かる費用は?

次に、子供部屋のリフォームに掛かる費用について解説していきます。

簡単なリフォームは費用を抑えられる

簡易的な間仕切りの設置や壁紙の変更、床を畳からフローリングに変えるリフォームであれば、10万円~30万円ほどでリフォームすることが可能でしょう。
壁や床材の材質によっては高くなる場合もありますが、比較的安価でリフォームができます。

部屋の大幅なリフォーム

押入れをクローゼットに変更したり、和室を洋室にリフォームしたり、ロフトを作るなど、子供部屋を使いやすくするためのリフォームであれば、30万円~50万円ほどが相場となっています。

リノベーションする場合は費用が高くなる可能性も

家族の動線を考えて間取りを大幅に変えるリノベーションをする場合には、費用が高くなる可能性があります。
100万円以上する場合もあるので、リフォームを依頼する業者にあらかじめ確認しましょう。
予算以内に収めたいのであれば、妥協できる部分は妥協することも大切です。

4.子供が生活しやすい設備にリフォームしよう

子供が過ごすことになる子供部屋なので、リフォームをする場合には快適性をアップさせてみましょう。

壁紙

子供部屋であれば、汚れることも多いので防汚機能の付いた壁紙にすると素地の手間が省けます。
また、消臭機能のある壁紙もあるのでスポーツを頑張る子供にはおすすめです。
そして、衛生面を考えた壁紙も種類が豊富です。
抗アレルギー、抗ウィルス、抗カビ機能のある壁紙は、快適性を増すことができます。
子供の健康を考える親御さんにもおすすめです。

床材

2階に子供部屋を作る場合、下の階に足音が響く可能性があります。
遮音性のあるフローリングに変えることで、足音を抑えることができるでしょう。
また、傷や汚れを気にする場合にはクッションフロアもおすすめとなります。
水や汚れに強い性質を持っているので掃除がしやすいでしょう。
転んでも怪我をしにくいことも特徴です。

5.子供部屋リフォームにおすすめ!参考にできるアイデア集

ここからは、子供部屋のリフォームやリノベーションにおすすめのアイデアをご紹介していきましょう。
これからリフォームを検討している方は参考にしてみてください。

コンセントを多くする

子供は成長によって部屋の使い方にも変化が表れていきます。
インテリアのレイアウトを変更することも考えられるので、コンセントを多く設置しておくと便利です。
コンセントが少ないと、レイアウトの種類に限りが出てしまいます。
自由にレイアウトできるよう、コンセントを設置しておくことで子供に合った快適な空間へと変化させられるでしょう。

ロフトを設置する

子供部屋を確保するためにリフォームをする際に、限られたスペースしかないのであれば、子供部屋にロフトを設置することもおすすめです。
大掛かりな工事になる可能性もありますが、ロフトを寝るスペースにすればベッドを設置する必要もないので狭さによる悩みを解消することにもつながります。
収納スペースを確保することもできるので、荷物が多くなっても安心です。

あらかじめ学習スペースを確保しておく

リフォームで子供部屋を作る際に、あらかじめ学習スペースを作ることもおすすめです。
学習机を設置する必要もないので空間が狭くなることはありません。
可動式の棚も一緒に作ることで、勉強道具を収納でき、工作や写真を飾ることもできるでしょう。

リビングに子供部屋を作る

広いリビングがあるのであれば、リビング内に子供部屋を設置することも可能です。
子供の姿がいつでも確認できるので親としても安心でしょう。
階段を設置して小上がりスタイルにすると、収納スペースを確保することもできます。
また、子供の成長を考えて壁を設置することも検討しましょう。
子供が小さいうちは壁がないタイプや半分程度まで壁を設置しておき、将来再度リフォームを施して完全な個室ができるように工夫することもできます。

6.子供が巣立った後にリフォームする家庭も

子供の成長を考えてリフォームで子供部屋を作る家庭もあれば、子供が成長したことで子供部屋を違う部屋へとリフォームする家庭もあります。
思い出の詰まった部屋なので、そのまま放置している家庭も多いでしょうが、空き部屋にしておくだけではもったいないので、生活を快適にするためにもリフォームやリノベーションをして活用してみましょう。
書斎として使用することもでき、趣味の部屋として利用するために使いやすいように収納を設置するのも良いでしょう。
映画が好きであればホームシアターを設置して夫婦で鑑賞するのもおすすめです。
新しく生まれ変わらせて夫婦で楽しく過ごせるよう工夫してみましょう。

子供部屋のリフォームやリノベーションは、快適性だけではなく親子のコミュニケーションを考えた作りが大切となります。
快適性だけに特化した子供部屋であれば、子供がリビングに来ることが減り、親子の会話が減ってしまいます。
上記のポイントを参考にして子供も大人も快適に過ごせるような工夫を取り入れることが大切です。
そのためにも、専門家によるアドバイスも参考にし、子供部屋のリフォームやリノベーションを考えていきましょう。

おすすめ記事