no-img
閲覧数:3/

読み終える目安 約 11 分

快適な生活をするための失敗しないキッチンリノベーションのコツ

「キッチンの周辺が老朽化してきたから新しくリフォームしたい」、「ライフスタイルに合わせてキッチンをリノベーションしたい」などと考えている方は多いのではないでしょうか?
時代と共に、キッチンの仕様も大きく変わってきています。
最新の設備が搭載されたキッチンを選ぶことで、使い勝手が良くなることが考えられますが、反対に使いにくいと感じる場合もあるのです。
料理はほとんどの家庭で毎日行われることです。
使い勝手が悪いと毎日の生活に不満を感じてしまうので、快適に過ごすためにも自分達に合ったキッチンにリフォームやリノベーションすることが大切です。
失敗して後悔しないためにも、キッチンのリフォームやリノベーションに関する知識を解説していきましょう。

1.キッチンには種類がある!生活に合ったものを選ぼう

<記事3>①.jpg

キッチンのリフォームを考えた時に、最初に考えること言えばキッチンの種類です。
キッチンには型があり、自分の好みや間取りの広さによって最適なものを選ぶことができます。
より使い勝手の良いキッチンにするためにも、生活に合わせたタイプを選ぶことが重要です。

I型キッチン

I型キッチンは、コンロからシンクまでが一直線になっているタイプのキッチンです。
一般的なキッチンのタイプで間取りを選ばずに設置できる点がメリットです。
また、価格帯の幅が広いことも特徴のひとつとなり、費用を抑えたリフォームやリノベーションが可能となります。
ただし、動線が長くなってしまうと使いにくくなってしまうので気を付けましょう。

Ⅱ型キッチン

セパレート型キッチンとも言われ、シンクとコンロが分かれていることが特徴になります。
複数で調理をしても作業がしやすい点が魅力で二世帯住宅にもおすすめです。
ただし、鍋を移動させたりすると床に水滴が落ちることも多いため、後片付けに手間が掛かる場合もあります。

L型キッチン

シンク、コンロ、調理スペースがL型に配置されているキッチンです。
汚れを最小限に抑えて作業ができるだけではなく、作業をするスペースも広く確保できるので料理が好きな方におすすめのキッチンとなっています。
設置スペースの確保がI型キッチンと比べると必要なため、間取りが限定されてしまうことが考えられます。
ダイニングやリビングが狭くなる可能性もあるので、どちらが重要なのかしっかりと考えることが大切です。

U型キッチン

コの字型のキッチンで、作業をするスペースが広く動きを最小限にして調理ができます。
収納スペースも十分に確保できるため、パントリーがなくても様々なものを収納できます。
ただし、キッチンが広くないとリフォームすることは難しいでしょう。
デッドスペースが生まれる可能性もあるのでコーナー部分の使い方にも注意しなければいけません。

アイランドキッチン

近年人気のアイランドキッチンは、キッチンと壁が接する部分がなく島のようになっているキッチンのことを指します。
開放感があり、動きやすいことが最大の魅力でしょう。
料理を運ぶ際にも最短距離で移動できるので使い勝手が良いことが考えられます。
ただし、広いスペースがないと設置できないタイプなので、家の間取りによってはアイランドキッチンにリフォームできない場合もあるでしょう。

2.設備を交換して快適な暮らしを!キッチンの設備選びについて

<記事3>②.jpg

次に、快適な暮らしをするための設備についてもご紹介していきます。
リフォームやリノベーションをしなくても実際には設備交換だけで快適になる可能性もあるため、費用を抑えたい場合にはぜひ参考にしてみてください。

シンクの種類

シンクにも種類があることはご存知ですか?
ステンレス・ホーロー・人工大理石といった種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。
耐久性や耐熱性にも違いがあり、価格も違います。
見た目や質感など、デザイン性も全く違うので性能やデザインの好みによって選ぶことで快適な暮らしが実現できるでしょう。

水栓の種類

水栓についても様々な種類があります。
ホースを引き出せるタイプや浄水器が搭載されているもの、水が撥ねにくいものなどがあり、快適だと思うものに交換することで生活がより豊かになります。
センサーを使って水の出し止めができるものや足で水の出し止めができるものもあるので、どういったタイプの水栓があるのか、あらかじめ把握しておきましょう。
実際に使ってみることも大切なので、ショールームに足を運んで使い勝手を確認してみてください。

レンジフードの種類

快適なキッチンにするためにはレンジフードも交換してみましょう。
キッチンの種類によっては設置できない場合もありますが、メーカーによってはリモコン操作ができるタイプや省エネ運転ができるタイプ、掃除が簡単にできるタイプなど、様々なので使い勝手の良いレンジフードを選びましょう。

3.キッチンのリフォームに掛かる費用の相場とは?

<記事3>③.jpg

次に、気になる費用についてです。
相場に関しては、キッチンの種類によって違いがあります。
しかし、位置を変えずに機器のみ変えるのであれば80万円~120万円程となっています。
キッチンの種類によっては150万円以上する場合もあるので、リフォーム業者に問い合わせてみましょう。
また、キッチンの位置を変える場合には電気の配線工事や排水、給水管工事も必要になるため、120万円~300万円ほど掛かる場合があります。
キッチンを撤去した際に下地の劣化が進んでいたら、補修する必要もあるためさらに費用が掛かることが考えられます。
工事内容によって費用に幅ができるので、見積もりを出して業者ごとに比較することも大切です。

4.キッチンリフォームを失敗しないためのコツ

<記事3>④.jpg

キッチンのリフォームを失敗しないためには、種類や費用だけではなく使う人にピッタリなキッチンを選ぶ必要があります。
そこで、失敗しないためのコツをご紹介していきましょう。

ゴミ箱の設置場所

キッチンのリフォームやリノベーションの際に忘れてはいけないのが、「ゴミ箱の設置場所」です。
現在住んでいる家では、生ごみや燃えるゴミなどを捨てるゴミ箱はどこに置いてあるでしょうか?
来客があった際に見えやすい位置に置いてしまい、困ったこともあるでしょう。
食器棚にゴミ箱用の引き出しや扉があるタイプもあり、ゴミ箱が置いてあることが一見分からない仕様の食器棚もあり便利です。
シンクの下に設置すると生ゴミも捨てやすくなり負担も減るでしょう。
前もって考えておくことで、スマートな暮らしができ、家事の作業効率も良くなるでしょう。

収納

鍋やフライパン、お皿や箸、調味料など様々なものをキッチンに収納します。
収納は多ければ多いほど便利だと考えられますが、多いことで困ることもあるでしょう。
例えば、収納するスペースがたくさんあるからと調味料のストックを多くしてしまうと、賞味期限が切れてしまいゴミが増えることになります。
どこに収納したか忘れることもあるため、作業効率が悪くなることもあります。
自分が使いやすいように収納することはもちろん、整理整頓しやすい状態にしておくことも大切です。

キッチンの高さや通路の幅

キッチンの高さが自分に合っていないと腰への負担が高く家事が億劫になってしまいます。
ラクな姿勢で家事ができるよう、自分の体に合った高さにすることが大切です。
高さの目安としては、「身長÷2+5」の計算式で算出することができます。
算出した数字に近いキッチンを選ぶことで快適に家事が行えるでしょう。
また、キッチンの作業台の奥行きも大事なポイントです。
奥行きがある作業台は調理する際に便利ですが、手を伸ばしても届かない部分があれば掃除がしにくいなどと不便に感じる部分もあります。
収納の高さや吊戸棚の高さも重要なので、実際に自分の目で見て高さや幅を確認することが大切となるでしょう。
また、通路の幅については家事をする人数で決めます。
1人であれば90cm~120cmほどで十分ですが、2人以上であれば120cm以上ある方が相手とぶつからずに作業ができるでしょう。

5.リフォームではなくリノベーションで暮らしやすい家に!

リフォームをすることで快適な暮らしができると考える人は多いでしょう。
リフォームとは原状回復を意味します。
老朽化した部分があれば元の状態に戻すことで、快適にはなるでしょう。
しかし、新築の戸建てのような住まいの性能を持たせたいのであればリフォームではなくリノベーションが有効となります。
リノベーションとは、大規模な工事で家の価値を高めることを言います。
リフォームに性能をプラスすることで、より快適な住宅にすることができるのです。
リビングとダイニングの間にある壁を無くしてリビングダイニングにする工事はリノベーションに該当します。
キッチンの場所を変えて新しい種類のものを取り付けることや耐震機能を向上させることもリノベーションとなるでしょう。
生活環境に合わせた性能の高いキッチンにしたい場合には、リノベーションをして快適さをアップさせましょう。

6.まとめ

キッチンを大幅に変えて暮らしやすい家にしたいと考えたときには、リノベーションをすることをおすすめします。
家事動線を見直すことで家事のしやすい家にし、収納をさらに増やして物が見えない空間に変化させることも可能です。
和風やアメリカンテイスト、北欧テイストなどと壁紙や床を張り替えることで、自分好みのキッチンにもなるでしょう。
性能だけではなく、デザイン性も考えることで毎日の暮らしが楽しく、より華やかになります。
毎日行う家事に関しては、時には嫌になってしまうこともあるでしょう。
リノベーションを通して、いかに楽しいものに変えられるかも大切なポイントとなってきます。
上記で紹介した「設備選び」や「失敗しないためのコツ」を参考に、快適な生活ができるようなキッチンのリノベーションを考えていきましょう。

おすすめ記事