閲覧数:3/

読み終える目安 約 12 分

屋根リフォームのタイミングはいつ?工事や屋根材の種類・特徴を解説!

外壁と共に室内を雨や雪、日差し、強風から守ってくれる屋根は、時が経つに連れて劣化が進行してしまいます。
放置すれば最終的に住宅の寿命にも深く関わってくるので、定期的にメンテナンスやリフォームが必要です。
また、今の屋根材を変えたい、もっとオシャレな外観にしたいなどの理由から屋根リフォームを検討される方も多いでしょう。
屋根リフォームは失敗も少なくないので、今回はリフォームのタイミングや工事・屋根材の種類などについてご紹介していきます。

1.屋根のメンテナンスやリフォームのタイミング

<記事10>②.jpg

まずは屋根のメンテナンス・リフォームを行うタイミングの目安からご紹介します。

屋根材ごとの耐用年数

瓦やストレート板など屋根材には色々種類があり、それぞれ耐用年数が設定されています。
そのため、屋根のメンテナンスやリフォームが必要なタイミングは、住宅の屋根材によって変わってくるのです。
同じ屋根材でもメーカーによって差異があるので、目安の耐用年数を見ていきましょう。

  • トタン瓦…15~20年
  • アスファルトシングル…20~30年
  • ストレート材…25~30年
  • 成型ガルバニウム鋼板…25~30年
  • 日本瓦…60~100年

早いものでは15年、長いものでは100年も寿命を保つことが可能です。
しかし、あくまでも目安であり、実際に屋根材の破損が見られれば交換や補修などのメンテナンスが必要です。
また、屋根材の下には防水シートや野地板があり、それらの耐用年数は20~30年となっています。
屋根自体の耐用年数が長くても、下地に不具合があれば補修が求められます。
ストレート屋根は20年以上の耐用年数となっていますが、薄い屋根材なのでメンテナンスは7~8年ごとが望ましいです。
日本瓦は最も長い耐用年数ですが、破損のリスクを考えると10~15年ごとのメンテナンスが必要と言えます。
屋根材によって異なりますが早くて7年、長くて20年のスパンでメンテナンスを行いましょう。

雨漏りが発生している時

既に雨漏りが発生しているのであれば、屋根のメンテナンスやリフォームを行ってください。
雨漏りが発生しているということは、屋根材の劣化が深刻な状態に至っていると判断できます。
生活の快適性が失われるだけではなく、住宅の老朽化を早めるので直ちに業者へ相談しましょう。

汚れやひび割れ、塗装剥がれなどが見られる時

屋根リフォームにはある程度目安はあるものの、ベストなタイミングを計ることは難しいでしょう。
1つのタイミングとして、屋根材の状態から判断すると良いです。
例えば、汚れやさびが目立つようになってきた、塗装が剥がれてきたという症状が見られれば、屋根に塗ってある塗装が劣化していると判断できます。
屋根材自体にひび割れや反り・浮き見つかった場合は、早めに屋根のメンテナンスを行いましょう。
小さなひび割れや反り・浮きでも放置すれば進行し、雨漏りの原因となります。
室内での雨漏りが見られなくても、防水シートや野地板など見えない部分で劣化が進行している可能性も考えられます。
瓦屋根の場合、屋根を覆っている瓦と棟の瓦の隙間に漆喰が塗られ、接着剤の役割を果たしています。
その漆喰も年数が経過すると剥がれ落ち、隙間から雨漏りが発生するので補強やリフォームが必要です。
屋根は住宅の造りの中で最も高い位置となるので、個人でチェックを行うのは非常に危険です。
状態を確認したい時は業者の点検サービスを利用し、リフォームが必要か判断してもらいましょう。

2.交換可能な屋根材の特徴

屋根リフォームは既存の屋根材を同じものに交換するだけではなく、新しい屋根材に切り替えることも可能です。
一口に屋根材と言っても様々な種類があり、特徴や性能はそれぞれ異なります。
屋根リフォームを行う際は屋根材の特徴を理解し、担当者や建築士としっかり話し合って最適なものを選ぶようにしましょう。

ストレート材

現在の新築住宅で広く使われている屋根材です。
岩石を使った天然ストレートから合成ストレートと種類は豊富ですが、普及が進んでいるのは合成ストレートとなります。
厚さ5mm程と薄いので日本瓦に比べて軽く、シンプルなデザイン性や価格がリーズナブルという点が利点です。
軽量なので、地震の揺れを軽くでき倒壊リスクを下げられます。
技術は向上しているので耐用年数は伸びていますが、薄いので割れやすいです。
塗膜の劣化により防水性が低下するので、10年に1度は屋根塗装でのメンテナンスが必要となります。

ガルバリウム鋼板

アルミニウムと亜鉛、シリコンで構成された金属製の屋根材です。
耐久性に優れ、錆にも強いので寿命は金属屋根の中でも特に高く、近年はガルバリウム鋼板にリフォームする住宅が増えています。
錆に強いといっても、性能を維持するためには年に数回水洗いや点検、10年に1度の塗装といったメンテナンスは必須です。
断熱性や遮音性は低いので、それらの性能を付帯する際は別途でのリフォーム工事も必要となるでしょう。

ジンカリウム鋼板

ジンカリウム鋼板はガルバリウム鋼板と構成はほとんど同じですが、自然石により表面が加工されている屋根材です。
砂状のコーティングは、ヨーロッパの住宅を連想させるような雰囲気を醸し出します。
加工に使っている天然石は赤外線や錆に強く、ガルバリウム鋼板に比べて防音性や断熱性は改善されています。
メンテナンスフリーを謳っており再塗装は基本的に必要ありませんが、定期的な点検をしておくと安心です。
輸入品となるので、費用が高くなりやすいので注意しましょう。

日本瓦

瓦にも種類がありますが、広く使われているのは日本瓦(陶器瓦)です。
粘土で形を形成し、ガラス質の釉薬を塗って高温で焼き作られています。
釉薬がコーティング剤となるので耐水性に優れており、再塗装の必要がありません。
遮音性と断熱性に優れ、もし破損しても1枚から交換が可能です。
ただし、別の屋根材から日本瓦に交換するリフォームは難しいでしょう。
瓦屋根は重量があり構造への負担が大きく、住宅の強度や耐震性の都合上で困難な場合があります。
重量がある分、強風などで飛ばされと危険なので風が強い地域や豪雪地帯は不向きと言えるでしょう。

アスファルトシングル

主にアメリカやカナダで一般化している屋根材で、日本でも2007年から採用できるようになりました。
アスファルトが原料で、モダンな雰囲気のある屋根材です。
厚さが6mm程と薄いので軽く、耐震性に優れています。
防水シートが仕上げ材の役割となっているので、防水性も高いです。
ただ、水を吸収しやすい素材なので苔や藻ができやすく、薄いため強風で剥がれてしまうリスクがあります。
10年おきにメンテナンスをするようにしましょう。

3.屋根リフォームの種類

<記事10>③.jpg

屋根リフォームは大きく分けて、塗装、葺き替え、葺き重ねの3つの手法があります。それぞれ目的や屋根の状態などに応じて、必要となるリフォームの種類は変わってきます。

塗装工事

塗装工事は屋根に新しい塗料を塗布する工事です。
屋根の性能や美観は塗装によって維持されていると言っても過言ではありません。
塗料が屋根材の膜となるので、汚れやチリの付着、藻・苔・カビの発生を抑えたり、防水性能を与えたりする役割を持ちます。
しかし、その塗料も雨や紫外線などの影響で劣化し、性能が衰えてしまうので10年に1度の目安でのメンテナンスが必要なのです。
塗料にはアクリル、ウレタン、シリコン、セラミック、フッ素、遮熱・断熱塗料など色々な種類があります。
種類によって性能から耐用年数、メンテナンスの頻度、価格面が変わってくるので、特徴を確認して選びましょう。
色も多彩なカラーが発売されているので、外壁塗装と合わせて色替えの目的で屋根リフォームを行う方も多いです。

葺き替え工事

葺き替え工事は既存の屋根材を全て取り外し、新しい屋根材に交換するリフォームです。
例えば、重量のある瓦からストレート材に交換、ストレート材からガルバリウム鋼板に変えたいという要望にも対応できます。
屋根材を剥がすので下地の劣化具合も把握しやすく、補修した上で交換できるので雨漏り対策にも最適です。
ただし、屋根材の撤去や下地の補修費用がプラスとなり、下記で説明する葺き重ね工事よりもコストは高くなります。
屋根は部分的な補修も可能ですが、一時的な対策にしかならない可能性が高いです。
後になって別の場所で劣化が見つかる場合も多いので、長期的に見ると葺き替えによるリフォームは利点が大きいと言えます。

葺き重ね工事

葺き重ね工事は既存の屋根材の上に新しい屋根材を取り付けるリフォームで、カバー工法とも呼ばれています。
上から重ねるので撤去作業が必要な葺き替え工事よりも工期が短く、費用も抑えられることが利点です。
2枚重ねとなるので断熱性や遮熱性の向上にも期待できます。
しかし、瓦屋根には使えず、また下地の劣化が激しい場合も施工はできません。
さらに1度葺き重ねを行った屋根は重ねた重みで住宅の構造に負担がかかるため、再施工できません。
屋根の痛みが軽く、下地の強度が保たれている場合のみに適した屋根リフォームであると認識しておきましょう。

4.リノベーションで住宅性能と価値を上げる

<記事10>④.jpg

屋根リフォームを検討しているのであれば、リノベーションも1つの選択肢です。
リノベーションは構造だけを残し、間取りや外壁、床、屋根、各種設備を全て取り替え、新築並みの住宅性能に向上させる改修工事です。
リフォームと比べて費用や工期はそれなりに掛かりますが、構造の補強や使いやすい間取り、天然素材にこだわった建材の採用などに仕様を変更できます。
構造を取り除かないので、建て替えによりもコストを抑えて新築に近い綺麗な住宅を手に入れられます。
屋根の劣化が見られる場合、内部の老朽化も進んでいる可能性が高いです。
全てを補修するとなると工事も大掛かりとなるので、それならリノベーションで全て変えてしまうのも手段です。
屋根だけではなく、今の家に不満や住みにくさを感じているのであれば、リノベーションを検討してみてください。

5.まとめ

劣化しやすい屋根は定期的なメンテナンスやリフォームで不具合を改善することが、住宅の寿命を延ばす大事なポイントです。
屋根材に応じて耐用年数は異なりますが、定期点検を行いリフォームの必要性をチェックしましょう。
また、屋根材やリフォームの種類も色々あるので、信頼できる業者としっかり話し合って最適な屋根材と工事を選んでください。
住宅の不満を解消しながら屋根リフォームをしたいのであれば、リノベーションを考えてみましょう。

おすすめ記事