閲覧数:4/

読み終える目安 約 12 分

家をリフォームすればアトピーは改善される?アトピー対策のポイント

アトピーは、湿疹やかゆみが現れるアレルギー疾患です。
皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られるアトピーですが、リフォームやリノベーションをすることによって改善する可能性があります。
今回は、アトピー性皮膚炎がどのようなアレルギー疾患なのか、原因は何なのか、アトピーの症状を改善するため対策にはどのようなものがあるのかといったことについてご紹介していきましょう。

1.アトピー性皮膚炎とは?

<記事10>②.jpg

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質の人や皮膚のバリア機能が弱い人に見られるアレルギー疾患です。
湿疹とかゆみが主な症状として現れるのですが、症状は良くなったり、悪くなったりを繰り返します。
なかなか完治させることが難しく、慢性化してしまうという特徴があります。
一般的にはアトピー性皮膚炎になってしまうと6ヶ月以上続いてしまうと慢性化したと判断されます。
アトピー性皮膚炎の湿疹は、ジュクジュクしており掻くと汁が出てきます。
他にも、左右対称にできる、関節の内側や目のまわりなど皮膚が薄い場所にできやすいといった症状が特徴的です。
長引いてしまうと、皮膚が硬くなってしまうこともあります。
家族にアトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギー性鼻炎、喘息などアレルギー疾患を患っている人がいるとなりやすいと言われています。
また、本人がアレルギー疾患を患っている場合もアレルギーを起こしやすい体質になっているため、アトピー性皮膚炎を発症してしまう可能性があるでしょう。
アレルギーを起こしやすい体質のことをアトピー素因と言います。

2.アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎になってしまう原因は、体の外から侵入してきた敵に対する免疫が過剰反応することです。
どのようなものを敵だと判断するのかというと、ダニやほこり、カビなど皮膚へ物理的な刺激を与えるもの、せっけんや化粧品などの化学物質、汗、皮脂汚れ、紫外線などです。
免疫が過剰に反応してしまう理由には、もともとアレルギー体質だと言えますが、長期間に渡って皮膚に強いストレスや疲労、刺激が加わることも原因に挙げられます。
このような刺激を受けることによって、皮膚の免疫が不安定になってしまうため、アトピー性皮膚炎を発症してしまうのです。
アトピー性皮膚炎の症状をコントロールするためには、早い段階で炎症を抑えることや症状が悪化してしまうことを防ぐスキンケアが重要になります。
そのため、うるおいをしっかりと保つためのスキンケアを行い、皮膚へできるだけ刺激を与えないような対策を講じることが症状をコントロールするためのポイントだと言えます。

3.アトピー性皮膚炎に悩まないための家づくりを行うポイント

<記事10>③.jpg

アトピー性皮膚炎に悩まないためには、家づくりをする時にいくつか押さえておきたいポイントがあります。
続いては、アトピー性皮膚炎に悩まないため知っておきたい家づくりのポイントにはどのようなものがあるかご紹介しましょう。

掃除しやすい家にする

アトピー性皮膚炎対策をするのであれば、清潔な室内空間を保つことが重要になります。
毎日の掃除を面倒だと感じないような家にすることが大切です。
ドアはできるだけ引き戸にしたり、コンセントは必要な場所に付けたりすることによって、掃除も快適に行えるようになります。
また、ペットを飼う場合はペットの動線にも気を使った間取りにすると良いでしょう。

結露しにくい工夫を取り入れる

サッシなどは非常に結露しやすく、カビも生えやすい環境になっています。
カビもアトピー性皮膚炎の原因の1つになってしまうため、 結露しにくい工夫を取り入れることもアトピー性皮膚炎の症状を緩和させる対策として有効です。
結露しにくい家づくりをするためには、気密断熱に関する正しい知識を持ち、湿気の入り口をしっかりとブロックできるノウハウを持つ信頼できる業者に依頼することが重要になります。
リフォームやリノベーションをする際にも、結露対策はしっかりと行うようにしましょう。

風通しを良くする

アトピー性皮膚炎に悩まないための家づくりをするためには、風通しの良さも重要なポイントになります。
風通しの良し悪しは、窓の有無だけで決まるわけではありません。
風の入り口と出口を考えた家づくりをしなければ、いくら大きな窓を設けても風通しが良くならないという可能性もあるのです。
そのため。風の入り口と出口を考慮した間取りにする必要があります。
また、正しい換気設備を設けることによって、室内の空気を入れ替えられるようにすることも大切です。
多くの場合、昼間は仕事などで家におらず、夜は寝るため換気をしっかりできません。
しかしそれでは、アトピー性皮膚炎の原因となるハウスダストの温床になってしまいます。
24時間換気できるシステムを導入するなど、しっかりと室内の空気が入れ替わるようなリフォームやリノベーションをおすすめします。

4.無垢材にすることでアトピー性皮膚炎は収まる?

<記事10>④.jpg

アトピー性皮膚炎対策として、無垢材にすることが良いと言われることもあります。
無垢材は健康のためにもメリットがあると言われている建材なので、アトピー性皮膚炎対策として効果が期待できる可能性もあります。
続いては、無垢材は本当のアトピー性皮膚炎対策として有効なのかということについて、無垢材のメリットを見ていきながら考えていきましょう。

湿度を調整してくれる

無垢材は天然の木なので、建材になってからも呼吸を続けています。
湿気が多くなってくると空気中に含まれる水分を吸収し、空気が乾燥してくると吸収した水分を水蒸気として放出します。
つまり、無垢材は天然のエアコンだと言えるでしょう。
歴史的な建造物の中に古くから大切にされてきた宝物が置かれているケースも多いです。
それらが長い年月が経っても朽ちず守られているのは、木が持つ調湿作用が働いているからだと言えます。
そのため、家に無垢材を使用すれば、常に家の中が快適な状態に保たれるということになります。
また、調湿効果によって結露を防いでくれる効果も期待できるため、カビ対策としても無垢材の家づくりは有効だと言えるでしょう。

ダニやカビなどに強い

木には精油が含まれていて、ダニやカビなどが増殖することを防ぐ効果が期待できます。
ヒバやヒノキに含まれているヒノキチオールという精油は、カビ類や大腸菌といった細菌の増殖を抑制する効果があると認められています。
また、ヒバやベイスギ、赤松にはアレルギー疾患や喘息の原因となるダニの増殖を抑える効果が期待できるのです。
そのため、無垢材を使用した家づくりはアトピー性皮膚炎対策にも有効だと言えるでしょう。

ストレスを軽減してくれる

森林浴をするとリラックスして心地よくなります。
これは、木が発しているフィトンチッドという芳香成分によるものです。
フィトンチッドには、私たちの自律神経を安定させてくれる効果があると言われているため、天然の木を使っている無垢材の家でも同じような効果が期待できます。
アトピー性皮膚炎は心理的なストレスを感じることによって悪化してしまう可能性もあるため、リラックス効果が期待できる無垢材の家にすることのメリットは大きいでしょう。

夏は涼しくて冬は暖かい

木は非常に優れた断熱性を持っていて、コンクリートの約12倍とも言われています。
それほど優れた断熱性を持っている無垢材は、周囲の湿度に影響されることがほとんどありません。
そのため、夏は涼しく、冬は暖かい室内環境を実現できるのです。
また、木の力で温度を一定に保っているため、エアコンを使用する頻度もかなり少なくなります。
したがって、無垢材の家にすることで体への負担も大幅に軽減できるということになるのです。
省エネ効果も実感できるため、一石二鳥です。

5.家族・子どもに配慮してくれる、信頼できる業者を選ぼう

アトピー性皮膚炎を改善するためにリフォームやリノベーションを検討している人も少なくないでしょう。
そのため、いくつかの業者を比較し、無垢材の家にリフォームやリノベーションをしようと決める人もいます。
しかし、リフォーム業者によっては、業者自身の売上だけを考えた営業をしてくるケースもゼロではありません。
そのような業者にあたってしまうと思っていたような結果にならない可能性もあり、結果的に不満が残ってしまうでしょう。
そのような事態を防ぐためには、アトピー性皮膚炎対策に理解がある業者を選ぶべきだと言えます。

また、そこで暮らす家族や子どもに対する配慮をしっかりとしてくれるかどうかも重要なポイントになります。
しっかりと配慮ができるリフォーム業者の場合は、無理な推し売りなどはしません。
他のリフォーム業者を貶めるような発言もしないでしょう。
そして、顧客のニーズをしっかりと聞き出してくれるようなヒアリングをしてくれるはずです。
アトピー性皮膚炎対策でリフォームやリノベーションを検討されている方は、できるだけ早く着工したいと考えているでしょう。
しかし、どのような業者なのかを慌てず見極めることはとても重要だということを覚えておきましょう。

リフォーム業者を決める時にチェックしたいポイントは他にもあります。
それは、無垢材にすることでアトピー性皮膚炎が治ると断言しないことです。
自分の所で契約してもらいたいがために、そのような発言をする業者もいるかもしれません。
ただ、無垢材にリフォームしたからと言って、アトピー性皮膚炎が治るとは限りません。
無垢材にすることによって症状が改善する可能性があるというような説明をする業者であれば信頼できるので、どのような説明をするのかも注視しておきましょう。

6.まとめ

アレルギー体質の人や皮膚のバリア機能が弱い人に見られるアトピー性皮膚炎の症状はとても辛いものです。
そのため、家をリフォームやリノベーションすることによって改善できないかと考える人もいるでしょう。
アトピー性皮膚炎の症状を緩和するためのリフォームやリノベーションをしたいのであれば、今回紹介したアトピー性皮膚炎に悩まないための家づくりを行うポイントを意識してみてください。
また、無垢材にすることによって様々なメリットを得ることもできるため、無垢材の家にすることもおすすめします。
無垢材の家は、アトピー性皮膚炎の症状を緩和するだけではなく、日々の生活を快適にしてくれる効果も期待できるので、検討してみる価値はあるでしょう。

おすすめ記事