fbpx
閲覧数:7/

読み終える目安 約 7 分

健康リノベのこだわり

今回は健康リノベのこだわりについてご紹介します。
今の日本の住環境から健康リノベのこだわり、また他社と違う部分についてご紹介します。
健康リノベがどんな住環境を作っているのかご紹介します。

1.現在の日本の住環境について

まず、今の日本の住環境についてご紹介します。
どんな住環境が日本で作られているのか見ていきましょう。

量産型の住宅

今、アルミを冊子を使った窓のように同じような量産型の作りの家が量産されています。
そういった量産型の設計が多いのが今の住環境です。
日本が高度成長期の時に、住宅を一気に作らないといけない時期により安くて早く作れる量産型の住宅が多く開発されました。
今では日本で当たり前の量産型の住宅は、実は家としての性能が悪いのです。
例えば、北欧などの寒い地域は窓にアルミ冊子ではなく樹脂や木冊子を使用しています。
これにより冬でも少し暖房をつけるだけで暖かさが持続される家が大半です。
しかし、日本では結露が多いケースやヒートショックで死んでしまう人がでるほど粗悪な状態です。
日本の今の住環境に疑問を持つことなく、表面的なデザインを重視してお金をかけずに家を建てる人が多いです。
しかし、住みよい住環境は作れるのです。
例えば、断熱性能を上げ病気になりにくい健康的な住宅は作れるのです。
健康リノベは設計の立場からより良い住環境を作り広めていきたいと考えています。

化学物質

次に化学物質についてご紹介します。
今挙げた断熱に関してだけではなく、シックハウス症候群という問題もあります。
シックハウス症候群とは、化学建材と呼ばれるけがく石油建材が微量ながらも空気厨に放出され、肌荒れやアトピーといった症状を引き起こすものです。
表面を綺麗に仕上げているものでも、少しずつ化学的な物質は空気中に放出されてしまいます。
そういった現状に対して、ある一定の数値以上の化学物質が出ないようにしましょうという国としての対策が組まれました。
対策の内容は化学物質をゼロにするわけではなく家の中に換気扇を24時間付けっ放しにして外気に流してしてしまえば規定をクリアできるというものです。
しかし、家の換気扇を24時間付けっ放しにすると電気代がかさんでしまい中の熱も外に逃げてしまうという理由から実際に実行する人は少ないのが現状です。
法律をクリアするために換気扇は付けられていますが、どれぐらい換気扇を回すかは住人の自由です。
本当の意味で健康的な住環境を作るには、化学物質をゼロにすることが大切です。
そこで健康リノベでは壁に自然素材である漆喰を使用し化学物質を使わないという方法を取っています。
さらに、床は吉野杉を使用して床からの化学物質の放出を阻止しています。
健康リノベでは、こういった化学建材に対しても対策を取っていきたいと考えています。
今では、空気中にどれだけ化学物質が放出されているかということも調査できます。
これにより今住んでいる家の化学物質の量や、どれくらい落ちているかということも分かります。
こういった化学物質は、化学建材だけに限らずソファやタンス、机などの家具あkらもある程度放出されています。

2.他社と圧倒的に違う部分

次に健康リノベが他社と違う部分についてご紹介します。

自然素材について

今、自然素材の仕上げが流行っています。
木材を使用するケースや漆喰で塗り壁をするケースなど自然素材を使って家を仕上げた家が増えています。
しかし、健康素材を使用していても表面的な部分だけで、建物の壁の内側の断熱性能はコスト面を考えて安いものが使われているケースが多いです。
表面は自然素材なのにその性能が発揮できていないのです。
例えば漆喰に吸放湿性能というものがあり、空気中の湿度を調整してくれる機能があります。
しかし、壁の中にも空気が通れる仕組みがないとうまく効果を発揮しません。
漆喰は薄くしか塗らないので壁全体として吸放湿性能を上げるためにはその中の構造まで作り込まなければ効果が出ないのにも関わらず、表面だけの仕上げだけに使用される家が多いです。
さらに、健康リノベで使用している漆喰はカラッと漆喰といって従来のものより2、3倍吸放湿性能が高いものを使用しています。
このように、健康リノベではしっかりと吸放湿性能のある住宅を設計しています。

断熱性能について

次に断熱性能についてご紹介します。
日本では、断熱性能に関して満たさなければいけない基準があります。
しかし、日本の基準をクリアできてもヒートショックは起こる場合もあり、冬は暖房を付けっ放しにしていないと寒い家になってしまいます。
例えば、日本の寒冷地である北海道は家の断熱性能が高い傾向にありますが、本来寒冷地でななくても家の断熱性能が高い家を作ることが理想です。
健康リノベでは断熱性能の面においてもすみやすい住環境を作っています。

全館浄水について

次に水まわりのこだわりについてご紹介します。
健康リノベでは、断熱性能や漆喰の他に水にもこだわって作っています。
そこで全館浄水という仕組みを導入しています。
これは戸建てにしか対応していないですが、家の中で使う水全てが浄水になるという仕組みです。
道路から引き込まれている給水管の元栓に大きな浄水器をつけ水をすべて浄水にするというものです。
これにより、お風呂のシャワーも浴槽にためるお湯も洗面所の水もキッチンの蛇口も全て浄水になります。
今、日本の水は世界を見渡してもとても質が良くそのまま飲んでも病気になりません。
しかし、安全な水の裏で強い塩素を使用して殺菌を行なっている現状があります。
この強い塩素が多く含まれてしまっているのでそこを綺麗に浄水する全館浄水をおすすめそています。
ご自分で浄水器を使用している方も多いと思いますが、料理する時やすこし水を使用したいという時に毎回浄水器を使うことは面倒な方も多いのではないでしょうか。
意識して浄水器を使用しなければ利用しないという現状があるのです。
そこで全館浄水では、意識関係なく家で使う水全てが浄水された水なので本当の意味で浄水の水で生活できるということになります。
このように健康リノベでは、水に関してもこだわりをもって住環境を作っています。

おすすめ記事