fbpx
閲覧数:11/

読み終える目安 約 6 分

住宅の動線について

「家の動線をしっかり考えたい」
「動線が考えられた家に住みたい」
こんなお考えをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
今回はそんな方のために健康リノベの動線計画についてご紹介します。
動線とは何か、また具体的な動線計画についてご紹介します。

1.動線とは

まず、動線とはなにかについてご紹介します。
動線とは、建物の中を人が動く時にその行動パターンから人が動く経路のことです。
その動線の種類として、生活動線と言われるものと、家事動線や来客動線などが考えられます。
その他にも、子供の動線であったりやお父様お母様それぞれの動線を細かく考えることも多く、大きくその3つに分かれます。
生活動線というのは家に帰ってきてご飯を食べてお風呂に入って寝るという日常の行動パターンから考え出される経路のことです。
帰宅後にリビングに行き、ご飯を食べるためにキッチンに、次にお風呂に、自室に行く。
家事動線は、買い物から帰って食材を持ってキッチンに行ってそのまま玄関から直接キッチンに行って物を直した後、お風呂や洗濯のために洗面所に行くといった動き方です。
来客動線は、友人など第三者がきた際に通る道です。
3つの中で家事動線と来客動線はできるだけ交わらない方が良い。
さらに、生活をしているとプライベートな用事がある場合や家事が忙しい際のキッチン周りを見られたくない場合があります。
その都度気を使わないといけなくなります。
しかし、2つが重ならなければ快適に生活できます。
気を使わず過ごせるという点は、間取りを考える際に重要です。

2.動線の見直しについて

先ほど生活の快適さを目指すために間取りを考える必要があるとご紹介しました。
しかし、実際の動線は実際に住んでみないと想像できません。
そこで、実際に住んでから生活の中で不満に思った動線を変えられるのがリノベーションです。
一方で、リフォームは悪くなった部分を修復するのが一般的です。
動線を変えられるリノベーションとは違い、動線は変えられず悪い部分を元にもどすイメージです。
リノベーションは間取り含めて改良、解体できます。
そういう意味では、長年住まわれたりして不便だなと思われた点を改善していける点がおすすめです。
動線問題に関してはリノベーションが効果的でスムーズに進められます。
さらに、お住いの物件のどこを改善したら良いかを知っている状態であれば、新築よりもより良い計画をすることができます。

3.おすすめの動線計画

次に最近増えてきているおすすめの動線計画についてご紹介します。
まず、おすすめのリノベーション動線計画の一例をご紹介します。
一般的に収納面で困った際は、寝室にタンスやクローゼットを置いて収納されるケースが多いと思います。
しかしそこでおすすめしている方法、洗面所の横に大きな収納室を作ることです。
お子様が小さい間は上にクローゼットがある場合でも下に服を持って来て着替えさせたり、
学校から帰って来てもドロドロやから先にリビングで着替えさせたいというシチュエーションが考えられます。
服を取りに上がって降りて、取りに上がって降りてということが起きるため、洗面所の横に大きな収納室を作ることで、便利な生活動線になります。
もう1つのメリットは、洗濯物をベランダに干すと花粉がつき太陽の光で服の色が落ちることがあります。
それを想定して、室内干しをするための部屋を設け、お風呂場に浴室乾燥機をつけて洗濯物を干される方々も増えています。
また、PM2.5や光化学スモッグを気にされて、天日干しをしない方もいらっしゃいます。
特に小さな子供がいるご家庭の奥様が気にされるケースが多く、日差しの入る部屋(サンルーム)で干される方が多いです。
サンルームは陽の光も浴びてリラックスでき、くつろぐために作られることが多いです。
そのため、先ほどの収納部屋を設けることで、楽に洗濯作業が行えるような動線計画もあります。
さらにおすすめのリノベーションは来客動線を考えた時に、お子様の友達がいらっしゃっるご家庭ではお子様が手を洗われます。
その際に、洗面所を使うと思いますが家事の途中だと急いで片付けないといけなくなります。
そこで最近流行ってきているのがセカンド洗面です。
洗面所ほど大きくないですが、小さな洗面を玄関につけます。
そうするとお子様が急にいらっしゃった時に、プライベート部分を見られることがありません。
さらに、子供は帰ってすぐ手洗いうがいをする習慣を持てます。
また、お子様が自立され夫婦のセカンドライフを考えてリノベーションされる場合は、趣味の部屋としてそこを活用される方が多いです。
そんな方の中には絵を描くとかお花を生けるという方が多いですが、セカンド洗面を(元子供部屋に)つけておくと、より制作物がやりやすいです。
最近の戸建て住宅では、1階にリビングダイニングや共有部屋があり、2階にそれぞれの部屋があります。
そしてその場合だと一階にも二階にもトイレがあるという家が増えて来ています。
このように健康リノベでは、家に住まわれる方に合ったリノベーションを提案しています。

おすすめ記事