fbpx
閲覧数:4/

読み終える目安 約 12 分

京都で行うリフォーム・リノベーションはどんな工事が多い?京都の補助金も徹底解説!

京都では多くのリフォーム・リノベーション会社があり、たくさんの家族を幸せにしてきました。
ここでは、京都のリフォームやリノベーションの特徴や補助金・助成金についてなどについて詳しくご紹介していきます。
家の様々な部分を変えたいと思っている方は、ぜひご覧になってください。

2.リフォーム・リノベーションでも京都の気候風土を生かした家が人気

京都のリフォームやリノベーションは、気候や風土の特徴を考えて快適に過ごせるようにする工事が人気です。
まずは、京都の気候や風土に合わせた場合の家の特徴をご紹介していきます。

暑さや寒さから守ってくれる家

県境が山に囲まれた地形となっている京都は気温の寒暖差が大きく、内陸性盆地気候と呼ばれる気候になっています。
盆地地形なため年間を通じて風の吹きが弱く、夏の暑さは厳しく感じる気候が特徴です。
遮光や遮熱を取り入れたリフォームやリノベーションがおすすめで、涼しく過ごしやすく改善するリフォーム・リノベーション工事が人気です。
また、冬でも風が吹かないため、寒さは足元となる底からやってきやすいと言われています。
底冷えに強く、寒さを感じさせない家となれば京都の気候や風土に合った家へと変えることができるでしょう。
年間の最高気温は年や場所によって違いはありますが、ほとんどの場所で35℃以上は観測し、一方最低気温では0℃近くにもなる気温で非常に寒暖差が激しい場所です。
厳しい暑さと寒さの両方を対策できるリフォームやリノベーションで、京都の四季の移り変わりを楽しみながら快適に過ごせる家が実現できるでしょう。

四季が織り成す様々な気候に合わせたリフォーム・リノベーション

京都は暑い夏、寒い冬以外の春や秋の季節は、京都の中では非常に過ごしやすい時期になります。
そんな快適に過ごせる時期には窓を大きく開けられ、外の自然と家をつなぐような暮らしが人気です。
リフォームやリノベーションでもそのような要望で工事を依頼する家庭は多く、豊かな四季がもたらす風景や気温を感じられることも京都の素敵な住まいにするためには必要となっています。
夏や冬に外気温をきちんとシャットアウトして春や秋に窓を開けて空気を取り込める家は、「パッシブデザイン」「高性能断熱」「高気密化」などの様々な設計手法を用いたリフォーム・リノベーションが求められます。
パッシブデザインは自然の太陽光や風を上手く家に取り込めるように設計された家となっており、自然の恵み上手に取り込みながら快適な暮らしを作ってくれます。
春や秋は冷暖房期や多くの照明器具にも頼らずに過ごせる家となり、快適性は高く非常に心地良さを感じられるでしょう。
高性能断熱や高気密化は、夏や冬の厳しい外部温度の侵入を抑えるのに役立ち、さらには室内の快適な温度を逃がさないようにしてくれます。
また、高気密化では花粉やPM2.5の飛散が多い時期でも清潔な室内環境にしてくれる便利なものなので、リフォーム・リノベーションで高気密化を要望する人が多くなっています。

2.京都のリフォームの補助金や助成金

京都では様々な補助金や減税等の優遇制度が備わっておりリフォームやリノベーションにかかる費用を軽減してくれます。
地方公共団体が提供している補助金には以下のような制度があります。

・融資・補助制度(京都府)
・環境にやさしい京都の木の家づくり支援事業(京都府)
・すまいの補助制度(京都市)
・木材補助制度(京都市)
・住宅エコリフォーム補助金(長岡京市)
・木造住宅耐震改修等事業費補助金(乙訓郡大山崎町)
・家庭向け自立型再生可能エネルギー導入事業費補助金(亀岡市、向日市)
・雨水タンク設置補助金(京田辺市)

このようにたくさんの府全体だけではなく、地方によって様々な補助金・助成金制度があります。
この中でも特に多くの人が活用する「すまいの補助金制度」の中には、すまいの耐震化、既存住宅の省エネリフォーム、すまいの創エネ・省エネ応援 太陽光などといった3つの制度が合わさったものとなっています。
その中の既存住宅の省エネリフォームは、住宅の省エネ促進を目的に作られた制度になっており、省エネ改修工事に対して市から補助金を交付してくれます。
家屋内の断熱材設置、窓やドアの断熱遮熱工事を行えば補助金に対象となり補助金を受けられるようになります。
補助金の上限額は同一申請者又は同一住宅につき50万円と定められていますが、上限額に達するまでは何度でも利用できるものです。
また、「木造住宅耐震改修等事業費補助金制度」では昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅かつ、延べ床面積の2分の1以上を住宅用として使用している家屋につき、耐震工事を行った際に補助金が交付されます。
簡易改修となるリフォームやリノベーションでは工事にかかった費用の5分の4の補助率で補助金が渡され、最高40万円の補助金を交付してくれるようになっています。
より多くの場所を工事するとなる本格改修になれば、簡易改修同様の補助率で最高100万円まで補助金が交付されるようになります。
大山崎町で条件に適合する家に住み、耐震リフォームやリノベーションを検討しているは、ぜひ木造住宅耐震改修等事業費補助金制度を利用してみましょう。
これらの他にも国の補助金制度と併用することでさらなる軽減を受けることができ、リフォームやリノベーションの大きな支えになってくれることでしょう。

3.リフォームのポイント

リフォームやリノベーションはライフスタイルの変化などが理由となって行われるケースが多くなっています。
予算内で満足できるリフォームやリノベーションができれば良いですが、予算オーバーになってしまうことも考えられます。
予算内で満足度の高いリフォームやリノベーションを実現させるために、知っておきたいポイントをいくつかご紹介していきましょう。

リフォームしたい場所をリストアップして優先順位を考える

リフォームやリノベーションを検討していると、色々な場所を直したいという欲が出てくるものです。
しかし、それらを全て直してしまうと予算オーバーになるケースもあります。
予算オーバーしてしまったからといって、どこかを削るとなると家族の中で不満が生まれてしまう可能性も考えられるでしょう。
そのため、家族でしっかりと話し合いをすることが重要になります。
話し合いの中で、家族みんながリフォームしたいのはどこなのかをリストアップしてみてください。
リフォームしたい場所のリストが完成したら、どこを一番直したいのかという優先順位も考えてみると、予算オーバーしてしまった時にも調整しやすくなります。
優先度を高くした方が良いのは、故障していたり、老朽化が進んでいたりする箇所です。
また、家族全員の希望が強い場所も優先順位を高く設定するようにしましょう。

リフォームやリノベーションを行う中で、思わぬ出費が増えてしまうことも視野に入れた予算を用意しておくとより安心です。
例えば、土台や柱の見えない部分が劣化していて一緒に直す必要があった場合などに予想外の費用がかかってしまう可能性があります。
土台や柱などの補強工事が必要かどうかは、築年数で予測できる場合もあります。
しかし、実際に見てみないとどのような状況になっているか分からないので、少し多めに予算を用意しておいた方が安心してリフォームやリノベーションを進められるでしょう。

家の寿命を長くするためにも適切なタイミングを見極める

リフォームやリノベーションは、設備や間取り、内装を好みに変更することだけではなく、家の寿命を長くするために行われるケースもあります。
現在の住まいにある不満を解消することももちろん重要ではありますが、適切なタイミングでリフォームやリノベーションを行うことで、家の寿命は格段に長くなることも覚えておくと良いでしょう。
例えば、外壁にひび割れができてしまうと雨水が内部に入り込み、給排水管のさびや腐食の原因になってしまいます。
まとめてリフォームすることもできますが、「後からまとめてリフォームすればいい」と思っていると、予算以上の費用がかかってしまいます。
なぜ後からのリフォームが予想以上の費用となってしまうのかというと、想像していたよりも大掛かりな補強や修繕が必要になってしまう可能性があるためです。
もしもリフォームを検討しているのであれば、今のうちにまとめてした方が良い箇所がないか確認しておくようにしましょう。

リフォームやリノベーションに適したタイミングとは?

家の寿命を長くするためにも適切なタイミングやポイントは以下の通りです。

・給排水管の交換
給排水管は、15年~20年に1度のメンテナンスが目安となります。
さびなどで劣化しやすいため、水回りのリフォームと合わせて行うと良いでしょう。

・システムキッチンの交換
システムキッチンも15年~20年に1度のメンテナンスが目安となっています。
コンロや換気扇などキッチン周りのリフォームを検討する際に合わせて行うことをおすすめします。

・壁や天井の張り替え
壁や天井の張り替えは、5年~15年で塗装の塗り替えもしくは壁紙の張り替えを行うようにしましょう。
そして、15年~25年で下地や断熱材などの補強が必要ではないか確認し、必要であれば補強するようにしてください。

・ユニットバスの交換
ユニットバスの交換は、20年~30年に1度がメンテナンスの目安です。
基礎や柱が湿気で傷んでいる場合は補修しなければいけません。

・タイル張りの外壁修繕
タイル張りの外壁は、10年~15年に1度のメンテナンスが必要となります。
汚れのクリーニングはもちろんですが、目地の補強やタイルの補修を行う必要が出てくるでしょう。
タイルが割れていて内部に雨水が入り込んでしまうと、家の寿命が短くなってしまう可能性があります。

・金属製屋根の葺き替え
金属製の屋根は、15年~20年に1度葺き替えをするようにしましょう。
この時、下地の補修や断熱材の補強も行うことで雨漏りなどのリスクを軽減できます。

・吹き付け外壁の修繕
吹き付け外壁は、10年~15年で下地の補修が必要となります。
そして、15年~25年で外壁を除去し、下地から塗り直すことで強度が増します。

リフォームやリノベーションは、適切なタイミングで行うことで家の寿命を延ばせます。
今回紹介した年数を参考に、リフォームやリノベーションを検討してみてください。

4.まとめ

京都市では気候や風土に合ったリフォームやリノベーションが大変人気です。
工事を希望する人の多くは府やそれぞれの市が行っている補助金制度を利用すれば、少しでもお得にリフォームやリノベーションをできるようになっています。
ぜひ、様々な施工会社を比較していきながら、素敵なリフォーム・リノベーションを実現していきましょう。

おすすめ記事