閲覧数:3/

読み終える目安 約 12 分

リフォーム検討中の方必見!お得なリフォームの補助金制度

自宅の経年劣化や家族構成の変化などによって、リフォームを検討している人は少なくありません。
建て替えほどお金はかからないとしてもリフォームの規模によってはかなりの金額がかかってしまう可能性もあるでしょう。
そのため、なかなか取りかかれないというケースもあります。
しかし、リフォームに関する補助金を利用すればお得にリフォームができるのです。
そこで今回は、リフォームを検討している人に知ってもらいたい補助金制度についてご紹介しましょう。

1.リフォームで利用できるお得な補助金制度を知ろう

<記事4>②.jpg

リフォームの際に条件を満たしていれば受けられる補助金制度がいくつもあります。
まずは、どのような補助金制度があるのか見ていきましょう。

省エネ改修補助金(断熱リノベ、次世代建材)

省エネ改修補助金(断熱リノベ、次世代建材)は、断熱回収をするリフォームが対象になる補助金です。
補助対象となる工事は、高性能建材を用いた断熱材やガラス、窓の改修、家庭用蓄電システム・家庭用蓄熱設備の導入、断熱パネルもしくは潜熱蓄熱建材を用いた回収となっています。
家庭用蓄電システム・家庭用蓄熱設を導入する場合は、太陽光発電システムの発電システム(10kw未満)が設置されていなければいけません。
補助額は、1戸当たり最大で120万円です。

ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業

ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業は、ZEHを取得するもしくはZEHに回収するリフォームを行う際に支援を行うという事業です。
ZEHだけではなく、ZEHを強化したZEH+、さらに非常電源など加えたZEH+Rに対応した補助金制度を用意しています。
ZEHは1戸当たり70万円、ZEH+は1戸当たり115万円、ZEH+Rは1戸当たり125万円という補助額が定められています。

エネファーム設置補助

エネファーム設置補助は、燃料電池の種類やエネワームの導入費用によって決定する定額補助金に条件ごとに変わる追加補助額を加えたものです。
固体高分子形燃料電池の場合は定額補助がなく、固体酸化物形燃料電池の場合は123万円以下だと8万円、123万円以上134万円以下だと4万円が定額補助となります。
それに加えて、既に居住している建築物やLPガス、マンション、寒冷地仕様の場合は3万円追加されることになるのです。
追加補助は、いくつかの条件が重なっている場合は重複して加算することができるので計算をする際は気を付けましょう。

2.リフォーム補助金のメリットは?

<記事4>③.jpg

リフォーム補助金を活用することによって、様々なメリットを感じられます。
続いては、リフォーム補助金を活用することのメリットにはどのようなものがあるのか具体的に見ていきましょう。

リフォーム補助金の最も大きなメリットは、リフォームをする際の負担を軽減できるということです。
リフォームは、新築住宅を建てる場合と比べれば金額は小さいですが、リフォームの内容や使用する建材などによっては、かなり大きな金額になってしまいます。
全て負担するとなると、かなり厳しいと感じてしまう人も多いでしょう。
このような時に、リフォーム補助金を活用すれば自己負担を軽減できるのです。
先ほど紹介した省エネ改修補助金(断熱リノベ、次世代建材)やネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業、エネファーム設置補助といった補助金制度はこれからの時代のニーズに合わせた住宅づくりをするためのサポートをしてくれるものです。
補助金制度を有効活用したリフォームをすることによって、自己負担を減らしながら時代のニーズに合う住宅へと変化させられます。
また、バリアフリーリフォームに関する補助金もあるため、高齢者世帯のみが暮らす家は補助金を活用することによって、安心の在宅生活を実現できます。

以上のことから、リフォーム補助金を活用することのメリットはとても大きいと言えるでしょう。
ライフスタイルや家族構成はその時々で変わっていくため、家族の暮らしに合う住宅の方が暮らしやすいと感じるのは当たり前です。
それでもリフォームはお金が関わることなので簡単に決めることはできません。
しかし、リフォーム補助金を活用すれば、思っていたよりもお得に理想の住まいを手に入れられる可能性が出てくるのです。
リフォームを検討しているのであれば、リフォーム補助金のメリットを最大限に活かしたリフォームを行えるように情報収集することが大切だと言えるでしょう。
現在リフォームを検討しているのであれば、ぜひ国や自治体が定めた補助金制度の対象になるかチェックし、有効活用できる補助金制度がないか確かめてみてください。

3.地方自治体ごとに行っているリフォーム補助金制度もチェック!

<記事4>④.jpg

リフォーム補助金制度は、国だけではなく各自治体でも用意しているケースがあります。
中には、いくつかの補助金制度を重ねて利用できる場合もあるため、自治体の補助金制度も確認してみてください。
続いては、各自治体が用意しているリフォーム補助金の一例をご紹介します。

東京都千代田区・介護予防住宅改修給付

東京都千代田区の介護予防住宅改修給付は、介護認定を受けていない千代田区に在住する65歳以上の高齢者が対象となっている補助金です。
1戸につき20万円が限度額となっていて、手すりの取り付けや便器の洋式化、福祉用具の購入、床の段差解消といったものを組み合わせることができます。
要介護認定を受けている場合は介護保険を利用することになり、重複して利用することはできません。

新潟県長岡市・長岡市住宅リフォーム支援事業

新潟県長岡市で行われている長岡市住宅リフォーム支援事業は、耐震化やバリアフリー化、省エネルギー化、防災対策など幅広いリフォームに対応した補助金の給付を行っている事業です。
消費税込みで20万円以上の住宅リフォーム工事であることが条件となっています。
一般住宅リフォーム補助金の場合は補助対象工事費用20%に対して10万円、空き家活用リフォーム補助金の場合は補助対象工事費用50%に対して50万円が限度と定められています。

神奈川県藤沢市・藤沢市家庭用燃料電池システム設置費補助事業

神奈川県藤沢市の藤沢市家庭用燃料電池システム設置費補助事業は、省エネ設備を設置する工事が対象となる補助金の給付を行う事業です。
1戸当たり5万円の補助金を給付されますが、この金額は工事費用に関わらず定額となっています。
藤沢市住宅用等太陽光発電システム設置費補助事業と併用することもできるため、同時に工事を実施すれば藤沢市住宅用等太陽光発電システム設置費補助金の5万円も加算されるので、合わせて工事を検討するケースもあります。

大阪府豊中市・住宅用再生可能エネルギーシステム設置補助金交付制度

大阪府豊中市の住宅用再生可能エネルギーシステム設置補助金交付制度は、その名の通り住宅用再生可能エネルギーシステムを設置した際に補助金が交付されるという制度です。
太陽光発電設備の場合は、太陽電池の出力1kwあたり1.5万円、6万円が上限となっています。
太陽熱利用設備の場合は、設置費用の1/5まで補助金がでますが、5万円が上限と定められています。
大阪府豊中市にお住まいで、太陽光発電などの住宅用再生可能エネルギーシステムの設置を検討しているのであれば、ぜひこの制度の活用を検討してみてください。

4.リフォーム・リノベーションで受けられる減税制度とは?

リフォームやリノベーションを行うことによって、リフォーム補助金を得られるだけではなく、減税制度も利用できます。
最後にリフォームやリノベーションをすることで利用できる減税制度についてご紹介しましょう。

例えば省エネリフォームを行った場合、リフォームを行った翌年の固定資産税が1年間にわたって3分の1まで減額されます。
固定資産税の減額には、リフォームの工事費用が50万円を超えていることや賃貸物件ではないといった条件がありますが、リフォームを行うのは多くが所有物件なので、ぜひ利用したい制度だと言えるでしょう。
また、バリアフリーリフォームも減税対象になるので、高齢者世帯もチェックしておいた方が良いです。
補助金と減税を上手く組み合わせることができれば、かなり大きなコスト削減ができるため、申請しなければいけない時期をチェックして固定資産税を減額させることをおすすめします。

固定資産税以外にも所得税の控除があります。
例えば、一括払いでリフォーム工事を行った場合は、20万円~25万円ほど所得税から控除されるのです。
一括払いではなくローンを組んで支払いした場合でも、5年間で最大60万円まで控除されるというケースもあります。

リフォームやリノベーションをすることで、固定資産税と所得税を控除できる仕組みが存在します。
確定申告や必要書類の提出などそれぞれの制度によって申告の条件が異なるので、どの制度を利用したいのか事前に確認しておくとスムーズに進みます。
ただし、これらの減税制度はその年によって内容が変更される可能性があります。
そのため、必ず最新情報をチェックするようにしましょう。
不安な場合は自治体の担当者などに相談し、どのような制度が利用できるか確認してみてください。

4.まとめ

リフォームやリノベーションは、様々な状況の変化が起こった時はもちろんですが、太陽光発電設備などを導入したいと考えた時に行うことがあります。
リフォームの内容にもよりますが、かなり費用が必要になってしまうケースもあるため、敬遠してしまう人もいるでしょう。
確かに高額な費用が必要になりますが、国や自治体が用意しているリフォーム補助金を有効活用すれば、自己負担を軽減することができます。
そのため、リフォームやリノベーションを検討しているのであれば、利用できそうな補助金がないかチェックしてみることをおすすめします。
また、リフォームやリノベーションをすることで減税制度を利用できる可能性もあるため、忘れずに確認しましょう。
固定資産税や所得税の控除があるため、減税制度を利用するメリットはかなり大きいです。
リフォームやリノベーションはお金がかかってしまいますが、補助金制度や減税制度を活用して、より暮らしやすい住まいへとお得に変化させることもできます。
迷っているのであれば、ぜひ前向きに検討してみてください。

おすすめ記事