fbpx
閲覧数:7/

読み終える目安 約 11 分

リフォーム・リノベーションの際の浄水器導入で生活が一変!浄水器の魅力や設置費用などについて

近年はウォーターサーバーが普及されてきていることから、水に対して綺麗なものを望む人が増えています。
綺麗な水を飲みたいと思っている方は浄水器を利用してみてはいかがでしょうか?
最近のリフォームやリノベーション工事を行う際には浄水器を取り付ける人が多く、キッチンの蛇口に浄水器を設置するのが一般的になってきています。
ここではリフォーム・リノベーションで浄水器の設置を考えている方のために、浄水器の性能や導入のメリットについて、そして設置費用や始め方などもご紹介してきます。

1.浄水器の仕組みって?どうして安心して飲める水が作れるのか

<記事11>②.jpg

現在、日本全国の家の40%に設置されている浄水器は、安心して飲める美味しい水を作ってくれています。
1990年代後半から食の安全性がより厳しくなった今、世間の多くの人が恐ろしいと感じる事件が起きています。
O157中毒事件や食品偽装事件、ノロウイルスの蔓延など、以前に比べて食が安全に口に運べないことに、敏感になってきているのです。
特に小さな子どもがいる家庭では食の安全性を第一に考えている人も多く、ペットボトルのミネラルウォーターを使用する人も増えてきています。
また、販売当初は企業向けの商品として広まっていったウォーターサーバーも今では、各家庭に普及してきており人気を集めています。
しかし、水を使用する量が多い家庭ではどうしても維持費を気にして導入できないという人も多いです。
そのような場合には、キッチンに浄水器を取り付けることをおすすめします。
日本の水道水は比較的安全性が高いものとされていますが、各家庭に届けられる前に殺菌や消毒行うため、臭いが少し気になる人も多いことでしょう。
浄水器では、水を消毒するために使用されている次亜塩素酸やトリハロメタンなどの化合物を除去してくれる効果を持っています。
これにより、さらに清潔で安心できる飲用水となるのです。
一般的な浄水器にはフィルター活性炭や逆浸透膜が使われています。
水道管を通して浄水器に水が流れてくると、フィルターが水内部のゴミを取り除き、活性炭の表面の微細な孔が次亜塩素酸を吸着させます。
蛇口から出てくる直前には、水分子以外を通さない逆浸透膜に通ってくることで、細かなゴミを取り除き美味しく清潔な水が流れてきます。
こうした流れで綺麗な水が作られる浄水器は、2008年をピークに一度落ち着いた状態にはなっていました。
しかし、2011年に起きた東日本大震災の福島原子力発電所事故をきっかけに、消費者の水の安全性が改めて問われました。
これにより、浄水器の市場規模は拡大していき、設置するメリットがあるものとして再注目されるようになりました。

2.浄水器のメリットとは?

市販のミネラルウォーターや、ウォーターサーバーを設置することでも綺麗な水は得られますが、浄水器にはそれ以外のメリットを持っています。

手間が省ける

浄水器は設置するだけで水道水の水を綺麗にできるものなので、新たに水を購入するという手間を省くことができます。
水がなくなる度に購入する面倒があっては、自分自身が忙しく管理できなかった場合に、水がなくて困るといった事態を招いてしまう可能性があります。
定期的にミネラルウォーターやウォーターサーバー用の水を購入するよりも、大幅に管理がしやすくなるでしょう。
いつでも綺麗な水を飲める環境を維持しやすい点が浄水器の魅力の一つです。

ランニングコスト

浄水器は市販のミネラルウォーターを購入するよりもランニングコストを抑えられます。
浄水器を設置していない人が取り付けから始めた場合、ビルドインタイプであれば大体10万円の費用で設置できます。
また、蛇口取り付け型であれば1,000円ほどで購入でき、自分で簡単に取り付けができるようになっています。
設置してしまえばその他のコストとして3ヶ月~1年の定期的なカートリッジ交換のみとなるので、大きく値段を抑えることが可能です。
浄水器の維持費は年間にして3万円程度になります。
ウォーターサーバーでは、導入費にプラスして維持費用となる電気代・水の購入により、年間6万円はかかるとされています。
長期的に利用するならば、浄水器の方が確実にお得だと言えるでしょう。

設置スペース

設置スペースを比較していくと浄水器の方が断然省スペースで納まります。
蛇口に取り付けるだけや、ビルドインタイプはキッチン内に浄水器が設計されているので邪魔に感じることはありません。
ウォーターサーバーだと、どこにでも置けるというメリットはありますが、メリット以上に設置スペースを取るというデメリットが目立ってしまいます。
また、購入した水の保管スペースにも困る人も多く、それだけでも大きな幅を取ってしまいます。

3.浄水器の種類と設置費用を知ろう

<記事11>④.jpg

浄水器には種類があり、取り付け方法、設置場所、カートリッジの交換期間、費用に違いがあります。

蛇口取り付け型

浄水器の中でも一番取り付けやすく最も安価となるのが、この蛇口取り付け型になります。
後付け可能なタイプなのでお手軽に付けられ、キッチン以外の手洗い場に設置することができます。
設置費用は商品の性能によって大きく異なりますが。1,000円~2万円という相場になっています。

据え置き型

据え置き型の浄水器では、本体となる浄水器を蛇口の脇や近い所に設置する必要があります。
蛇口の先端に取り付けてある切り替えコックに、浄水器につながるホースを接続して使用することが可能です。
設置には少しスペースを使ってしまいますが、蛇口取り付け型よりもカートリッジが大きく洗浄効果が高い特徴を持っています。
優れたろ過機能にプラスして長持ちするというメリットもあります。
設置に関しては蛇口取り付け型のように簡単に取り付けることができず、リフォーム・リノベーション費用が必要です。
本体価格と工事費合わせた合計は2万円~10万円という幅になっています。
デザイン性をこだわらず、洗浄力の高さをとにかく取り入れたい人にはおすすめの浄水器です。

ビルトイン型

ビルトイン型はシンクの下に本体を取り付ける浄水器です。
据え置き型のように蛇口脇に本体がくることはないので、すっきりしたキッチンに見せることができます。
また、先ほど紹介してきた2種類よりもろ過能力が高いのが、このビルトイン型です。
カートリッジも1年ほどの持ち、年に複数回交換する手間がありません。
設置費用はリフォーム・リノベーションが必要で、2万円~30万円の費用がかかります。
設置するキッチンによって金額の幅が大きくはなっていますが、見た目も機能も優れているビルトインタイプは非常に人気です。

4.リノベーション工事をするのならば浄水器の設置も行おう

キッチンのリフォームやリノベーションを行う人には、工事の際に一緒に浄水器の導入をお勧めしています。
蛇口取り付け型であればいつでもすぐに取り付けることはできますが、その他の型になると手軽にいつでも付け加えるということができなくなります。
また、工事費用のことを考慮するとリフォームやリノベーションを決意したその時が設置するタイミングとして相応しいでしょう。
キッチンの工事というのは排水管関係が多いため、キッチン丸ごと移動させて行われたりすることが多いです。
そのついでとして浄水器を取り付ける工事を行えば、後日改めて取り付け工事を行うよりも費用を抑えることが可能です。
浄水器の取り付け工事はリフォームやリノベーションを行わずに単独工事を行う人は少ないのが現状です。
今すぐにでも浄水器を使用したい人は別ですが、キッチンをせっかく良いものへとするのならば、より美味しい水が飲めるようになる浄水器の設置を考えてみるのはいかがでしょうか?
水道水がそのまま綺麗な水に生まれ変わるということに感動するはずです。
安心・安全を高められるという点に家族からも満足を得られ、またアレルギー体質の方や敏感肌に悩んでいる方は、健康のために設置が必須だと言えます。
浄水器により改善されるものはたくさんあります。
より快適な暮らしを実現するためのアイテムとして、浄水器はリフォームやリノベーションの際に、多くの家庭に導入されているのです。

5.まとめ

食の安全性が問われている現在、水も健康的で安全に飲めるかが重要視されています。
日本の水道水はきちんとろ過されており、各家庭に届く水はすでに綺麗な状態となっているのですが、それだけでは本当に安心して飲める水にはなっていません。
浄水器を取り付けることで水道水に含まれる次亜塩素酸やトリハロメタンなどの化合物を取り除くことを行います。
臭いや濁りを気にすることなく、美味しい水を口にすることができるようになっています。
さらに、微細な汚れもさらに取り除くことができるため、アレルギーに敏感な方や、肌に影響が出やすい方には非常におすすめです。
浄水器はウォーターサーバー同様に綺麗な水が飲めるものとなっていますが、ウォーターサーバー以上にメリットが多く見られます。
ウォーターサーバーであると設置に大きなスペースが必要で、なおかつ費用が浄水器よりもかかりがちです。
また、管理するのも大変だと多くの人がウォーターサーバー設置後に頭を悩ませています。
しかし、これらの問題を解決してくれる浄水器は、省スペースかつ維持費が安い、そして管理するのが簡単といった3拍子が揃い、近年再注目されるようになってきました。
導入するには3つの種類から選ぶことが可能です。
取り付け簡単の蛇口取り付け型から、工事や設置費用がかかるものの浄水効果が高くカートリッジが長持ちする据え置き型やビルトイン型など、自分の生活スタイルに合った浄水器を選択できます。
キッチンのリフォームやリノベーションを検討している方はこれを機に、浄水器で美味しく安全な水を飲んでみてはいかがでしょうか?
キッチン以外の全ての蛇口から浄水が利用できる浄水器も存在しているので、様々な場所のリフォーム・リノベーションを検討している場合は、そのような浄水器で家内全体に綺麗な水が出てくるようにしてみるのも良いでしょう。
健康や安全を隅から隅まで配慮した空間で、より快適かつ住み心地の良い家を目指せます。

おすすめ記事