fbpx
閲覧数:2/

読み終える目安 約 11 分

リノベーションのタイミングは?最適な時期を見極めよう

家のリノベーションやリフォームは、行うのに最適な時期があります。
目安となるリノベーションの時期を知っておくと、効率的にメンテナンスや改修が可能となります。
今回は、築年数や住宅の部位ごとに異なるリノベーションに最適の時期や、リノベーション工事に適した季節なども含めてご紹介するので、タイミングを見極める参考にしてみてください。

1.なぜリノベーションは時期が大切なの?

リノベーションの適切なタイミングを逃してしまうと、余計な工事費用が発生したり快適さが損なわれたりするリスクが高まります。
適切な時期にリノベーションをし、設備の故障や建物の老朽化に対応しておくと修復もしやすく暮らしの快適さも保たれるため、リノベーション・リフォームは時期を見極めることが大切なのです。

2.築年数によって違うリノベーションの必要性

住宅に使われる資材や設備には寿命があり、いつかは故障したり壊れたりするため交換や改修が必要です。
しかし、壊れたり故障したりしてから交換する、あるいは改修すると、工事期間中の生活が不便で住宅にも大きな負担となる上、工事費用も高額化してしまいます。
必要なタイミングで正しくメンテナンスを行って、効率的にリノベーション・リフォームを行いましょう。
築年数ごとに必要となるメンテナンスやリノベーションについての目安をご紹介します。

築5~10年は早めのメンテナンスを

まだ新しい住宅ではあるものの、築5年を超える頃から早めのメンテナンスを行って、少しの不具合も見逃さないようにしましょう。
ちょっとした部分の破損や汚れなどでも放置してしまうと、住まいの寿命が短くなる原因となってしまいます。
特に、浴室のドア、天井、室内の壁、小型給湯機などを中心に早めのメンテナンスを行ってください。

築10~15年は水回りをチェック

見た目はまだまだ新しい住宅とはいえ、築10年を超えると水回りの不具合が出やすくなります。
使用頻度の高い水回りは劣化が早く、湿気の多い場所でもあるため補修の頻度が高い傾向があります。
特に、トイレや浴室、洗面台やキッチンなどをしっかり確認しましょう。
さらに、屋根材や雨どい、外壁など風雨にさらされている部分も確認しておくと安心です。

築15年~20年は最初のリノベーション時期

住宅を建ててから15年を過ぎると見えない部分の老朽化が気になってきます。
給排水管や建物の土台、木造住宅ならシロアリ被害にも注意が必要です。
住宅の寿命を延ばすために必要な、最初の大規模なリノベーション時期となります。

築20~30年は増改築レベルのリノベーション時期

一般的に住宅の耐用年数は30年程度と言われており、構造により多少の違いはあるものの、築20~30年なら多くの住宅で増改築レベルのリノベーション・リフォームが必要と言って良いでしょう。
さらに、築30年頃にはライフスタイルが変わって住宅を見直し間取り変更などのリノベーションを行う人が増えます。

3.住宅の部位ごとに必要なリノベーションと時期

大切な家で長く生活するためには、定期的に住宅のメンテナンスを行ってリノベーションのタイミングを見逃さないことが重要です。
住宅の部位ごとにリノベーションの時期や方法は異なるので、それぞれの部位でリノベーションを行う際の目安を具体的に見ていきましょう。

床材や壁紙など

内装に使われる床材や壁紙は、汚れや傷みの具合によりリノベーション時期が異なるものの、約10年で張り替えると良いでしょう。
畳の交換については約5年ごとに裏返し、表替え、張り替えを行います。
畳の裏返しで対応できるケースは、畳全体が黄色くなった時と、畳の表面に傷が目立ってきた時、畳の一部が変色した時です。
床材や壁紙は部屋の印象を大きく左右するので、リノベーションする際には仕上げやグレードなどにこだわるのもおすすめです。
床材のリノベーション時期の見極め方としては、へこみや沈み、歩くと軋む音がするなどが目安となります。
特に、使用頻度の高い場所である洗面所や廊下などが傷みやすくなります。
壁紙については、クロスの継ぎ目が剥がれている場合は交換が必要で、継ぎ目が線状に目立つようになったら1~2年以内に交換しましょう。

水回り

毎日の生活で使う水回りは急に壊れてしまうと困るため、不具合が出始める10年を迎える前に、5年を目安に定期的な点検をすると安心です。
水やガスの管は住宅の壁や床下など見た目に分からない場所にあるため、設備に目立つ傷が無い場合でも知らないうちに腐食が進んでいるケースもあります。
特に、昔ながらのタイル張りの浴室では、小さなひび割れでも水が吸い込まれて水漏れが起き、温かく湿った場所なのでシロアリ被害のリスクも高いので注意が必要です。
基本的に、水回りとガス周りについては10年おきにメンテナンスを行いましょう。
以下のようなお悩み・不具合がある場合には、早めのリノベーションをおすすめします。

・排水溝の詰まり、臭い、ヌメリが気になる
・頑固な油汚れが取れない
・カビが取れない
・蛇口やシンク下から水漏れしている
・腐敗が進んでいる
・換気扇、コンロ、食洗器の調子が悪い

窓回り

窓回りのリノベーションは20~30年を目安に行います。
主に、建てつけ改善、ガラス割れの補修、結露対策、防音対策などが工事内容です。

・窓の開閉が重く、スムーズに動かない
・窓の周りがカビている
・ひどい結露が発生する
・室内の窓周りにシミがある
・近所の騒音が気になる
・自宅から漏れる音が心配
・窓枠に隙間がある
・窓ガラスにひびが入っている

窓ガラスの不具合を放置すると、隙間風が入ったり、悪天候の時に雨風が室内に入ったりする可能性があります。
結露も放置すればカビなどが発生し、住宅設備だけでなくカーテンや家具などがカビてしまい見た目が悪いばかりか、健康被害の不安もあるでしょう。
最近の窓は熱を伝えにくいものや、紫外線をカットするもの、防犯性を高めたものなど高機能な製品が揃っており、使い勝手も良くなっています。
気になる点があるなら窓のリノベーションを検討すると良いでしょう。

外壁と屋根

外壁と屋根は住宅を雨や風、日差しなどから守っています。
一般的には、約10年ごとに外壁と屋根の塗装が必要で、20年で屋根の葺き替えを行います。
外壁のリフォーム時期は、下記項目の劣化サインを見逃さずに判断しましょう。

・光沢がなくなった
・触ると白い粉が付く
・塗膜に浮きや剥がれがある
・外壁の基材が露出している

屋根リフォームの時期は、以下の症状が複数確認できたら放置せずに行ってください。

・屋根の色がまだらになっている
・コケや藻が発生している
・一部がひび割れた
・雨漏りする
・金属の部分が腐食している

4.目的ごとのリノベーション時期

住宅のリフォームやリノベーションは、古くなった住宅を修復・改修するという目的以外にも、家族のライススタイルの変化や、将来に向けての住宅のあり方を考えて行う場合もあります。
中古住宅を購入してリノベーションを行い、自分に合った住宅に造り変えるという事例も増えています。

ライフスタイルの変化に対応するなら

ライフスタイルやライフステージは少しずつ変化するものです。
結婚や出産、子どもの自立、親の介護などの様々な出来事で変わる生活スタイルに合わせ、住宅のあり方を見直してリノベーションを行う人も多いでしょう。
ライフスタイルが変化するタイミングを見越して、具体的には子供部屋を用意する、子ども部屋だった場所を書斎にする、二世帯住宅にする、バリアフリー化するなどのリノベーションを行うと、使い勝手の良い住環境での生活が可能となります。

快適な自宅を手に入れたいなら

住宅設備は進化し、最新の設備の快適性は昔のものと比較すると格段にアップしています。
今の住宅で問題なく暮らせている場合でも、リノベーションでもっと快適な住宅にできる時代です。
最新のシステムキッチンや身長に合ったキッチン台、オール電化や床暖房、床に座る和室から椅子生活に替えるための洋室への変更などを組み合わせて、より暮らしやすい家が造れます。
設備に不具合が生じてからのリノベーションでは、ゆっくりと理想の家を考えたり将来を見越したりする余裕がない場合もあるでしょう。
じっくり検討できるタイミングで、家全体を見渡してリノベーションを検討すると、満足度の高い改修が可能なのでおすすめです。

5.リノベーションにおすすめの季節

リフォーム・リノベーションをしようと思った時には、どの季節を選ぶべきでしょうか?

・春だから心機一転でリノベーションしたい
・夏の暑さを前に断熱リフォームをしよう
・冬の結露対策と寒さ対策にリノベーションをしたい

このように考える方は多いです。
もちろん、リノベーションに適した時期も季節も、結局は自分にとって最も都合の良い時期・季節と言えます。
しかし、リフォーム業界にも繁忙期があり、リノベーションの内容によっては繁忙期を避けるべきでしょう。

リフォーム業界の繁忙期

リフォーム業界の一般的な年間スケジュールでは、1~3月は決算時期で繁忙期、4~5月はリフォームの需要が増え、新商品の入れ替わりが行わるシーズンです。
5~8月は業界的には余裕のあるシーズンで、9~11月は気候が安定してリフォームの需要が増え始めます。
12月は年末に向けて忙しく、大雪の影響などでリフォーム需要が増える場合もあります。
繁忙期を避けると安くリノベーションすることが可能と言えるものの、ケースバイケースの部分もあるため、時間的な余裕をもってリフォームの相談を行い、依頼先の予定を確認すると良いでしょう。

6.まとめ

大切な家で長く快適に生活するためにリフォームやリノベーションは欠かせません。
しっかりと住宅のメンテナンスを行いながら不具合を早めに発見してリフォームやリノベーションのタイミングを逃さないようにしましょう。
そして、住む人に合った快適さを実現するためにリノベーションを行って、家族にとって必要な時期に安心して暮らせる家であるよう、計画的にリノベーションを行うことをおすすめします。

おすすめ記事