閲覧数:2/

読み終える目安 約 11 分

カビの原因となる「結露」を対策するには?リフォームする際のポイント

数ある住まいのお悩みの中でも「結露」にお困りの人は多く、結露対策として有効なリフォームやリノベーションを検討する人が増えています。
結露は放置すると住まいの快適性を損なうだけではなく、カビ・ダニの原因にもなり、様々な弊害を引き起こす危険性が潜んでいるのです。
今回は、結露のメカニズムと弊害を紹介しながら、今すぐできる結露対策を解説していきます。
そして、根本的に防止・予防したい人向けに結露対策として有効なリフォーム・リノベーションのポイントをご紹介しましょう。

1.結露はなぜ起きてしまうのか?

<記事8>②.jpg

冷たい飲み物が入ったガラスのコップの外側に、たくさんの水滴がつく現象は結露のメカニズムの説明によく使われます。
空気は温度によって取り込める水蒸気の量が違います。
暖かい空気ほど水蒸気をたくさん取り込め、冷えていくと取り込んでいた水蒸気をそのままの形で取り込めなくなります。
冷えて追い出された水蒸気は水となるため、冷たい飲み物が入ったガラスのコップ表面には結露が発生するのです。
これが結露のメカニズムで、室内の空気に多くの水蒸気が含まれているほど、そして窓や壁などが冷たいほど結露が発生しやすい環境と言えます。
昔ながらの住宅には隙間も多く、水蒸気の多く含まれた暖かい空気はいつのまにか室外に逃げてしまい、窓が冷たくてもひどい結露は起こりにくいものでした。
しかし、住宅の作り方が変わり、隙間の少ない家つまり高気密の家が多く作られるようになっている現在は、結露が発生しやすい条件の家も増えたと言って良いでしょう。
毎日のように窓ガラスやサッシなどに結露が発生してワイパーや雑巾で拭き取る作業に嫌気がさしている人も多いはずです。
また、様々な結露防止グッズや結露対策アイテムを試した結果、あまり成果が上がらずにうんざりしているという人もいるのではないでしょうか。
もしかしたら、結露対策は諦めて窓の内側が濡れているくらいなら大丈夫だろうと結露を放置している人もいるかもしれません。
しかし、住まいの結露には目に見える場所に発生する「表面結露」だけではないのです。
住宅の見えない部分に発生する「内部結露」よ、結露には2種類のリスクがあります。
放置することで様々なデメリットが生まれてしまいます。

2.結露によって生まれるデメリット

<記事8>③.jpg

住まいに発生する表面結露と内部結露はどこに発生し、どんなデメリットを生むのでしょうか。

表面結露とデメリット

表面結露は窓・天井・壁などの目に見える表面部分に発生する結露で、水蒸気を含む室内の空気が冷たい窓・天井・壁に触れることで発生します。
人のいない部屋や家具の裏側など、気付かないうちに結露が発生してカビやダニの原因となるケースもあります。
壁の表面結露は断熱材の質が悪い、良い断熱材を使っていても施工技術が低く隙間があるなどのために発生している場合もあります。
表面結露が生むデメリットとしては、まず窓やカーテン、壁や家具、室内調度品などが濡れてカビや悪臭が発生することが挙げられるでしょう。
結露が床にまで垂れて広がってしまうこともあります。
放置すればカビが発生し始め、カビを食べるダニも発生するリスクが高まります。
カビやダニは健康に悪影響を及ぼし、室内の美観も損ねます。
結露が原因でアレルギーや小児ぜんそく、アトピーなどを引き起こして健康を脅かすこともあるのです。

内部結露とデメリット

内部結露は建物の内部など、住まう人の目に目ない場所で発生する結露です。
水蒸気を含んだ室内の暖かい空気が壁や天井などの中に入り、温度が下がることで建物の壁内部など見えない部分で結露し濡れてしまいます。
壁の内部だけではなく、床下や天井裏なども内部結露が起きやすい場所で、放置すると建物の強度不足を引き起こすというデメリットを生みます。
内部結露が発生する湿った環境は、建材が腐る危険性だけでなく、湿気を含む木材を好む白アリ被害をも誘発します。
室内の壁や天井などはカビの跡などもなく綺麗なのに、アレルギー症状が出る、喘息やアトピーなどの健康被害に悩まされているなどの場合は、内部結露により壁内部や床下などにカビが発生している可能性も考えられます。

3.結露を予防・防止するための対策方法

<記事8>④.jpg

様々なデメリットを生む結露はしっかりと予防・防止して根本的な対策を行うべきです。
しかし、根本的な対策に取り掛かる前に今すぐにできる結露対策を行って、少しでも結露のデメリットを軽減したいという人も多いでしょう。
カビの発生など結露の様々なデメリットを予防・防止するための、今すぐできる結露対策をご紹介します。

換気を徹底する

室内に水蒸気を含む空気が閉じ込められていると結露が発生しやすくなります。
結露を防止するためには、室内の空気を循環させながら換気を徹底しましょう。
家の中の空気には、キッチンで料理をした水蒸気や、室内干しの洗濯物からの水蒸気、お風呂の湯気からの水蒸気など、日常生活で発生する水蒸気がたくさん含まれています。
水蒸気を含んだ空気は換気口や換気扇を活用して家の外に追い出して、湿った空気が室内に残らないようにすると結露対策になります。
寒い季節でも定期的に窓を開け空気を入れ替えましょう。

家具の配置を工夫する

家の中には空気の流れを妨げないよう空気の通り道を作ってください。
特に、壁際にあるタンスなどの家具は壁にぴったりと付けずに隙間を開けて空気が通るように工夫します。
また、クローゼットの中や押入れの中には物を詰め込まずに、側面と背面に適度の隙間を開けて空気の通り道を確保し、下面にはスノコなどを敷くと良いでしょう。

湿度を上げない

室内の空気に水蒸気が多く含まれていると結露が発生しやすくなるので、室内の湿度を上げないようにします。
室内の湿度を上げる原因は、キッチンやお風呂など水を多く使う場所からの湿気、ガスストーブや灯油ストーブなど燃焼タイプの暖房器具からの湿気、室内干しの洗濯物からの湿気、汗や呼吸からの湿気、観葉植物や水槽からの湿気など様々です。
湿気の原因となるものを確認して、室内の湿度を上げない工夫をすると結露の防止になります。
お風呂のフタは開けたままにしない、お風呂場のドアは閉めておく、室内干しをしない、暖房器具は非燃焼系のタイプに変える、観葉植物の置き場所を工夫あるいは数を減らす、水が蒸発する水槽は置かない、加湿器の使用は控えるなどの結露対策をお試しください。

このように、自分でできる気軽な結露対策は、基本的に室内の湿気を抑えることで結露を防止し、予防する方法がメインです。
しかし、結露発生のメカニズム上は、温度差が結露発生の一因であるため、温度差を減らす対策も同時に行わなければ効果は薄いと言わざるをえません。
室内温と外気温に差があり外の冷気に影響されれば、どうしても窓や壁の内部に結露は発生してしまうのです。

4.結露対策には「断熱リフォーム」がおすすめ

結露を予防・防止するための対策方法はたくさんありますが、自分でできる簡単な結露対策は室内の湿気を減らすことがメインであり限界があります。
今の住まいと生活スタイルを変えずに行う結露対策だけでは、様々な結露のデメリットへの対策としては不十分と言えるでしょう。
目に見える「表面結露」があれば、「内部結露」が発生している可能性も高く、安心して住み続けるためには根本的な結露対策が必要だと判断できます。
嫌な結露を根本から対策するなら、思い切ってリフォーム・リノベーションするほうが得策でしょう。
結露対策として有効なリフォーム・リノベーションのポイントをご紹介します。

窓の断熱化リフォーム

結露を予防するためには住宅全体の中で一番外気の影響を受けやすい窓のリフォームを行うと効果的です。
冷たい外気と温かい室内の空気という温度差から結露が発生するため、断熱窓や2重サッシに変えるリフォームで窓の断熱化を行います。
最近は複層ガラスも進化しており、2重タイプの他に3重ガラスで内側には特殊な気体を注入して、冷たい外気温を室内側の窓ガラスに伝えない、結露しにくい窓も販売されています。
また、窓ガラスだけでなくサッシ部分も金属を使用していると結露しやすいため、プラスチック製の断熱窓を採用する例も増えてきました。
窓そのものを断熱窓に変え、複層ガラスに交換するというリフォームで断熱化する他に、内窓を付けて二重窓にするという方法もあります。
もちろん、プチリフォームで窓ガラスに断熱効果のあるフィルムを貼る方法もあるものの、結露を多少は軽減できても効果は低いです。
また、サッシ部分に結露するケースも多いのでおすすめ度は低くなります。

建物の断熱化リフォーム

結露を根本的に防ぐためには建物自体の断熱化にも気を配らなければなりません。
断熱というと壁だけをイメージしがちですが、床や天井の断熱化を怠ると外気の影響を強く受けて結露が発生しやすくなります。
空気中の水蒸気は水になれる温度の低い場所に移動するため、建物自体に温度差が生まれる場所を作らない断熱化リフォームを行いましょう。
現在の住宅は、柱と柱の間に断熱材を入れて、壁の内部に水蒸気を含んだ空気が留まらないように通気層を作り上昇気流で空気を外に出すように作られています。
通気層の上昇気流は隙間があると効果的に発生しないため、見えない部分の換気を含め断熱化リフォームは施工技術が重要と言えます。
建物の断熱化リフォームを行う場合、下地ボードを剥がす工事を伴うので、内装リフォーム・リノベーションと合わせて計画を立てると良いでしょう。

5.まとめ

住まいの結露はカビの原因となるばかりか、様々な健康被害や白アリや腐敗などで建物の強度を損なう原因にもなります。
しかし、自分で取り組める結露対策は基本的に湿度をコントロールするのみで、温度差で発生する結露を根本的に防止できる結露対策ではありません。
快適で健康な住まい、長く安心して暮らす建物としての強度を保てる住まいを目指すなら、結露発生を放置せずにリフォーム・リノベーションを行いましょう。
特に、隙間の無い新しい高気密の住宅こそ、温度差による結露を防ぐ断熱化リフォームは重要です。
結露対策として有効なリフォーム・リノベーションを行う場合は、湿度管理と換気方法に加えて断熱性能に注目して行い、快適な住まいで安心の毎日を送ってください。

おすすめ記事