fbpx
閲覧数:2/

読み終える目安 約 11 分

お風呂のリフォームで満足度アップ!?快適な浴室にするための方法とは?

1日の疲れを落とし、ゆったりとリラックスできる時間となるバスタイムは、生活の中で重視している方も多いでしょう。
しかし、浴室に少しでも不便さを感じているなら、それはリフォームのタイミングかもしれません。
今回は、お風呂のリフォームのタイミングや、快適な浴室にするためのポイントをご紹介します。
リフォームやリノベーションを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

1.お風呂のリフォームを考えたタイミングとは?

<記事6>②.jpg

お風呂に関する悩みは各家庭によって異なりますが、本格的にお風呂のリフォームを考えた方は、どのようなタイミングやきっかけがあったのでしょうか?

  • お風呂の故障
  • カビや汚れ
  • 古くなった
  • 寒い
  • 狭い
  • バスタブの汚れやひび割れ
  • 床部分の割れ
  • 脱衣所の床の歪み
  • 排水しにくくなった
  • 将来に備えて

お風呂そのものの故障や劣化によって交換やリフォームを考えている方もいますが、築年数や家族構成によって、今までと同じ状態では不便に感じることが多くなったため、リフォームを検討している方もいます。
また、将来に備えてさらに利便性を高めるためにリフォームを検討している方もいます。
リフォームやリノベーションを考えるタイミングとしては、脱衣所の床のきしみや歪み、カビやひび割れなど安全に入浴できない状態であれば、早急にリフォームを考えた方が良いでしょう。
また、今までメンテナンスをしていなかった場合も、リフォームを考えるタイミングです。

2.お風呂をリフォームするポイント

<記事6>③.jpg

お風呂という空間をリフォームするなら、安全性や快適さを追求しましょう。
重要なポイントをいくつかご紹介するので、リフォームの参考にしてみてください。

安全性を高める

部屋とお風呂の温度差によって血圧が大幅に変動し、心筋梗塞や脳梗塞などの病気を引き起こすヒートショックは対策を取ることで防げます。
冬場の入浴時に適切な温度差は5度以内が望ましいとされています。
ヒートショックから身を守るためには、裸になる脱衣所と浴室に断熱性能を充実させましょう。
脱衣所に暖房器を取り付けて入浴前に温めておくと、急激な温度差をなくすことができます。
また、浴室乾燥機の暖房機能を利用して、入浴前に浴室と脱衣所を温めるのも効果的です。
浴室の床にも暖房機能が付いていると、さらに安全性が高まります。

手入れが簡単なものを選ぶ

住宅内の水回りの中でも湿度が高く、カビの発生率が高くなる浴室はお手入れを少しでも簡単にして清潔さが保ちやすいものを選ぶと良いでしょう。
お風呂は常に水分があり、水道水に含まれているカルシウムなどが蛇口や鏡に付着すると曇ってしまい、そのままにすると水垢となって落ちにくくなってしまいます。
また湿気の多さや通気性の悪さによってカビや微生物が発生しやすく、繁殖しやすい環境です。
そのため少しでも汚れが落としやすく、カビなどが繁殖しにくい素材を使用したものを選ぶと良いでしょう。
また素材だけでなく、換気ができる環境に整えるとさらにお手入れが簡単になります。

広い空間にする

浴室は1日の疲れや汚れを落とす場所ですが、それと同時にリラックスできる場所でもあります。
そのためには、入りやすさや過ごしやすさにも考慮すると良いでしょう。
面積を広げれば広い空間にはなりますが、心までリラックスできる空間にすることを考えて、日当たりや窓の位置なども調整してみましょう。
明るさのあるお風呂に仕上げると、さらに暖かく居心地の良い空間になります。

機能性を充実させる

最近のお風呂はただ入浴しやすいように作られているだけでなく、リラックスをテーマにしているものもあります。
浴槽の中で足を伸ばせるだけでなく、ジェットバスでマッサージ機能を搭載したものや肩の部分にお湯が当たり、打たせ湯のような感覚を得られるものもあります。
様々な機能性を持たせることで、さらにバスタイムを充実できるでしょう。

高齢者に配慮する

簡単にリフォームできないお風呂を将来に備えて、高齢者向けのバリアフリー対応にすることも検討してみましょう。
リフォームと同じタイミングであればスムーズになり、段差を無くして手すりを取り付けると安全性も高まります。
滑りにくい床もあるため、高齢者に配慮した浴室は結果的に家族の快適性も高められるでしょう。

入浴以外にも活用できるものを選ぶ

お風呂は入浴する場所ですが、窓を二重サッシにすることで防犯性が高まるだけでなく、外気も入り込みにくくなりためヒートショックも防げるでしょう。
防音機能も高まり、プライバシーを守るためにも最適です。
また浴室乾燥機の取り付けによって浴室の温度を保てるだけでなく、入浴後に洗濯物を干しておくと乾燥器としても利用できます。
入浴時以外にも活用できる機能を持たせることも検討してみましょう。

3.ユニットバスと在来工法の違いは?

浴室のリフォームには、在来工法とユニットバス工法があります。
それぞれの工法の違いについて詳しく解説していきましょう。

在来工法

在来工法とは以前から使われてきた浴室工事のことであり、壁や床に防水加工を行い、浴室の大きさや形を自由に決められるのが特徴です。
最近はユニットバスが主流になっていますが、モルタルやタイルで仕上げる工法によって自由な空間やスペースでお風呂という空間を演出できます。
オーダーメイドで自由な設計が可能であり、浴槽の素材を変えられたり窓の大きさを変えられたりできます。
浴槽の素材にもこだわることができるため、大理石やヒノキの使用も可能です。
バリアフリー対策も可能であり、手すりの位置や浴槽の高さなどカスタマイズで自分好みの浴室にリノベーションできます。
浴室の大きさに関係なく、こだわった空間を設計できるのがメリットですが、経年劣化によって防水機能が失われることがあり、工期や材料費などのコスト面で費用が高くなってしまいます。
自分だけの癒しの空間にしたい方や長持ちする浴槽にしたい方、浴室として使用できる空間が特殊な形状の方には在来工法がおすすめです。

ユニットバス工法

浴室を構成する材料は工場で製造し、現場で材料を組み立てて仕上げるユニットバスは、天井や壁、床が一体になっている浴室のことを言います。
水漏れの心配がなく、カビも発生しにくいため戸建住宅以外にもマンションやアパート、ホテルや病院などでも使用されています。
素材そのものの防水性が高くなっているだけでなく、床と壁を一体化して作っているため隙間が少なくなり、断熱性にも優れています。
品質なども差がなく、様々なシリーズや広さなどバリエーションも増えていますが、在来工法に比べて自由度は低くなり、広さがない場合には選択肢も少ないです。
工期が短くて価格も低くなっているため、低コストで簡単にリフォームできるのが特徴です。
日常の掃除を簡単にして費用を少しでも抑えたい方には、ユニットバス工法を選んだ方が良いでしょう。

4.工法を変えるリフォームは可能?

今まで在来工法だった浴室をユニットバスに、またユニットバスだった浴室を在来工法に変えたいという方は多いかと思います。
また、住宅のリフォームと同じタイミングで浴室の位置や広さを変えるという方もいるでしょう。
実際に工法を変えるリフォームは可能でしょうか?

在来工法、ユニットバスのリフォーム

在来工法からユニットバスへのリフォームは可能です。
しかし、既存のタイルや浴槽が全て撤去し、電気やガスも取り扱うため大規模なリフォームとなります。
在来工法では床下などに防水加工をしていますが、ユニットバスへの交換時に床下に水漏れがないか、腐食している部分はないかなどを確認します。
確認後にコンクリートで固めてから断熱材を入れ、ユニットバス指定の位置に給油管や排水管などを設置します。
ユニットバスを設置できる広さがない場合は、在来工法からユニットバスにリフォームできません。
また各家庭の状況によって工期や費用も変わってきますが、大規模工事になるため住宅全てをリフォームするタイミングが良いでしょう。
またユニットバスから在来工法へのリフォームも同じように、ユニットバス撤去後に床下の防水工事を行い、タイルの取り付けや浴槽の設置を行います。
他の工法へ変える場合、工期も費用もかかってくることを覚えておきましょう。

5.どっちの工法がおすすめ?

お風呂には在来工法とユニットバス工法があり、自由度が高くこだわりの空間に演出できるのは在来工法、断熱性があって快適な空間にできるのはユニットバス工法ということが分かりました。
しかし、実際にはどっちの工法を選ぶべきか悩む方もいるでしょう。
このような場合、リフォームのタイミングで選んでみてはいかがでしょうか?
住宅全体をあるテーマに沿って作りあげた場合は、在来工法でさらにこだわりの空間に仕上げ、オリジナリティ溢れる浴室にしてみましょう。
また、温泉の気分を味わいたい方には、ヒノキの浴槽が使用できる在来工法がおすすめです。
一方でこだわりを持ちつつも、限られた空間を有意義に使用したい方はユニットバスがおすすめです。
低コストで工期も短期間であるため、お風呂のみリフォームしたい方や機能性を高めたい方に最適です。
また家族構成が変わり、急にお風呂のリフォームが必要になった場合もユニットバスの交換ならすぐ対応可能でしょう。
どちらも魅力が異なるため、重視したい部分で比べてみると良いでしょう。

6.まとめ

リラックス空間であるお風呂は少しでも快適な空間が望ましいため、故障や破損以外にも不便さを感じ始めたらリフォーム・リノベーションを検討してみましょう。
在来工法・ユニットバス工法は、それぞれのメリットやデメリット、特徴が異なっています。
何を重視したいか、今後どんな風になっていくのかを考えて、最適な工法を選んでみてください。
戸建て住宅であればどちらの工法も可能なので、快適さを重視して生活の質を高められるお風呂のリノベーションを行いましょう。

おすすめ記事